トップ > AV機器 > DVD・HDDレコーダー > その他

アイオーデータ HVTR-BCTL [地上・BS・110度CSデジタル放送対応 デジタルハイビジョンチューナー・レコーダー]

HVTR-BCTL
販売価格 ¥8,280(税込)
通常価格 ¥10,260
こちらの商品は販売終了致しました。
1年延長保証可
型 番:
HVTR-BCTL
発売日:
2012年05月20日
詳 細:
メーカーページへ

アイ・オー・データ機器 ブランドストア 周辺機器ならIODATA

地上・BS・CSデジタル放送を「見る」

本製品なら、「地デジ」に加えて、再放送番組や専門番組が魅力の「BS・110度CSデジタル放送」も楽しめるので、見られるチャンネルが豊富!今まで地デジしか見られなかったテレビにつなげば、BS・110度CSデジタル放送にも対応したテレビにグレードアップできます。
もちろん本製品をアナログテレビと組み合わせることで、地上・BS・110度CSデジタル放送を見ることができます。

※BS・110度CSデジタル放送には有料のメニューもあります。
※本製品は「データ放送」、「双方向通信サービス」には非対応です。そのため、衛星放送をお楽しみいただくには、一部制限があります。

アナログテレビとチューナーとの接続イメージ

地上・BS・CSデジタル放送を「録る」

USBハードディスクをつないでかんたん録画

USB 2.0対応ハードディスク(別売)を接続すれば、ハードディスクレコーダーに変身!地上・BS・110度CSデジタル放送をハイビジョン画質のまま録画できます。1TBのハードディスクなら、約100時間分の番組が録画可能です。気になる番組を録画しておけば、いつでも好きなときに視聴できます。
もちろん、スタンバイ時にはハードディスクが省電力モードになって、無駄な電力消費を押さえるエコ設計です。

・3ステップ、らくらく録画予約!
USB接続のハードディスクを本体につないで、画面にしたがって行くだけ!
3ステップで簡単にハードディスクの登録(初期化)が完了します。しかも、初期化にかかる時間は3TBのハードディスクであれば、約27秒!500GBのハードディスクであれば約5.5秒と、超高速!すぐに番組の録画ができるようになります。

容量は無限大!ハードディスクを何台でも増やせる

容量は無限大!ハードディスクを何台でも増やせる

USBハードディスクは何台でも登録可能。ハードディスクの空き容量がなくなったら、新しいハードディスクにつなぎ換えれば手軽に容量を増やすことができます。これで、残しておきたい番組を泣く泣く削除することもありません!
家族の人数分や、スポーツ・ドラマなどのジャンルごとにハードディスクを用意して、ビデオテープのように使い分けることもできます。

※録画/再生時に接続できるUSBハードディスクは1台のみです。複数台を同時に接続することはできません。
※USBハードディスクを使用する際は、本製品で初期化が必要です。初期化の際、ハードディスクに保存されている内容はすべて消去されます。

番組表でかんたん視聴/録画予約

1週間先までの番組がテレビでチェックできる「EPG(電子番組表)」

番組表でかんたん録画予約
※クリックすると拡大表示

テレビ画面に表示される電子番組表(EPG)を見ながら、見たい番組を簡単にみつけることが可能。「週間番組表」で1週間先の番組までチェックできます。わかりやすく見やすい表示で、番組表の日時の移動もボタンひとつのらくらく操作です。
視聴予約した番組は青い予約マーク、録画予約した番組には赤い予約マークが表示されるので、どの番組を予約してあるかすぐにわかります。

便利な予約機能

・番組延長機能
スポーツ中継など録画予約した番組が延長になっても、実際の放送時間に合わせてばっちり録画!番組の途中で終了することなく最後まで録画できます。放送時間の変更により、同じチャンネルの他の予約番組と重なった場合は、先に録画開始されている番組を優先して録画します。

・録画予約の手動設定・編集(予約編集)
チャンネル、日付、予約時刻、番組などを自分で指定して録画予約できます。

※番組延長には対応していません。

うっかり見逃しを防止する「視聴予約」

・うっかり見逃しを防止する「視聴予約」
予約した時刻になったら自動で予約した番組にチャンネルが切り替わる「視聴予約」機能。電源が待機状態でも、予約した時刻に自動起動してそのチャンネルを表示してくれるので、見たい番組を見逃しません。
日時を指定した予約はもちろん、電子番組表からでも簡単に予約できます。

パソコン用ディスプレイがテレビになる!

パソコン用ディスプレイに接続すれば、地上・BS・110度CSデジタル放送も楽しめます。使っていないパソコン用ディスプレイを、寝室や書斎用テレビとしてお使いいただけます。

パソコン用ディスプレイがテレビに変身

パソコン用ディスプレイとチューナーとの接続イメージ

※パソコン用ディスプレイをご利用の場合には、本製品のリモコンを使っての「ディスプレイの電源ON/OFF」「音量調整」「入力切替」を行うことができません。

かんたん設定&らくらく操作

すぐに使えるかんたん設定

画面の指示に従って進めていくだけで、簡単に初期設定ができるので、すぐにお使いいただけます。大きな文字で表示され、画面上で必要な操作を説明してくれるので、初めて使う方でも安心です。

大きな文字表示で安心

使いやすいシンプルリモコン!テレビもチューナーもらくらく操作

使いやすいシンプルなリモコンを添付。
添付のリモコンひとつでテレビもチューナーも操作できるので、わざわざリモコンを使い分けることなく快適です(※1)。「チャンネル変更」や「番組表の表示」などのチューナーの操作はもちろん、「テレビの電源ON/OFF」「音量調整」「入力切替」といったテレビの基本的な操作ができます。国内で販売されているメーカー18社のテレビ操作に対応しているので、安心です。
※1 テレビの操作には設定が必要です。

リモコン操作対応テレビメーカー

使いやすいシンプルリモコン!テレビもチューナーもらくらく操作

※機器によっては動作しない場合があります。

4:3のテレビでも映像をぴったり表示

画面の縦横比が4:3のアナログテレビでデジタル放送を見るときに、番組によっては画面に黒帯が表示されることがあります。本製品は、映像を拡大して映像をぴったり表示する「ズーム機能」を搭載!黒帯のないフル画面で番組を楽しめます。
※ワイドテレビに表示する場合は機能しません。

4:3のテレビでも映像をぴったり表示

※画面はイメージです。

テレビに合わせて選べる豊富な出力端子

HDMI端子、D端子(D1/D2/D3/D4)、S端子、コンポジット端子を搭載。お使いのテレビに合わせて最適な端子を選んで接続できます。
HDMI端子/D端子(D3/D4)で接続すれば、高画質なハイビジョン映像を楽しめます。HDMI端子ならケーブル1本で接続でき、音声もデジタル出力対応でクリアに楽しめます。
また、アナログRGB端子も搭載しているので、パソコン用ディスプレイを直接接続することもできます。

※HDMI端子、D端子、アナログRGB端子は同時に使用できません。

テレビに合わせて選べる豊富な出力端子

かんたん接続

本製品は、今お使いのテレビとかんたん接続。テレビやアンテナとケーブルでつないで、すぐに視聴できます。
※「地上デジタル放送」「BSデジタル放送」「110度CSデジタル放送」のどちらかだけでもお楽しみいただけます。

アナログテレビとチューナーとの接続イメージ

アナログテレビとチューナーとの接続イメージ

パソコン用ディスプレイとチューナーとの接続イメージ

HDMI端子搭載ディスプレイとの接続例

HDCP対応DVI-D端子搭載ディスプレイとの接続例

アナログRGB端子搭載ディスプレイとの接続例

CATVパススルー対応

パススルー方式を採用したCATVの地デジ放送に対応。CATV会社によっては、UHF帯域で送信されている地上デジタル放送をVHF帯域に変換して再送信している場合があります。本機では、VHF1〜12、C13〜63、UHF13〜62帯域に対応していますので、どちらの場合でも地デジが楽しめます。

※CATVでの接続には、別途ケーブルテレビ会社との契約が必要です。また、専用チューナーが必要となる場合があるため、詳しくはケーブルテレビ専用チューナーの取扱説明書をご覧ください。
※トランスモジュレーション方式には対応しておりません。


商品スペック


チューナー機能 放送種類 地上デジタル BSデジタル 110度CSデジタル
受信チャンネル VHF 1ch〜12ch
UHF 13ch〜62ch
CATV C13ch〜C63ch トランスポンダ BS1〜BS23 トランスポンダ ND2〜ND24
HD(ハイビジョン) ○
CATVパススルー ○
字幕放送 ○
EPG(電子番組表) ○
データ放送 ×
双方向サービス ×
地デジ難視対策衛星放送 ○
受信方式 地上デジタル放送方式(日本方式)/衛星デジタル放送方式(日本方式)
受信周波数 90〜770MHz/1032〜2071MHz
受信衛星 B-SATA3a、N-SAT-110
視聴/録画
予約可能件数 100件
最大連続録画時間 24時間
アンテナ入力端子 75Ω Fタイプコネクター
視聴可能番組 公共放送/無料番組/有料番組(※1)
※データ放送は視聴できません。
※1 有料放送の視聴には、別途契約が必要です。
番組説明 視聴可能番組に対する番組説明
電子番組表(EPG) 週間番組表
番組予約 EPGによる視聴/録画予約
時刻指定による視聴/録画予約
予約一覧表示
対応動作モード メール機能、カード情報
接続端子 アンテナ入力端子(地上デジタル専用/BS・110度CSデジタル専用)
コンポジット映像出力端子
HDMI出力端子
D映像出力端子(D1/D2/D3/D4に対応)
音声出力端子(右/左)
S1/S2映像出力端子
アナログRGB(D-Sub 15ピン)
USBポート(Aコネクター:USBハードディスク※録画用、ファームアップデート用)
電源 AC100V 50Hz/60Hz(添付ACアダプター使用)
本体DC12V
消費電力 電源オン:9.6W(USBバスパワー/アンテナ電源供給なしの場合)
電源オフ(待機):0.5W(録画予約が無い場合)
使用温度範囲 5〜35℃
使用湿度範囲 20〜80%(結露無きこと)
外形寸法 約236(W)×152(D)×53(H)mm(脚部含む/突起部含まず)
質量 約560g ※本体のみ
質量(梱包時) 約1.5kg
保証期間 1年保証
各種取得規格 VCCI Class B、電気用品安全法(ACアダプター)、RoHS指令準拠
注意事項 ・本製品は、地上デジタル&BS・110度CSデジタル放送受信チューナーです。その他の放送の受信はできません。
・本製品は日本国内専用となります。海外では使用できません。
・本製品は、地上デジタル・BS・110度CSデジタルともに「データ放送」「双方向通信サービス」は非対応となります。
・ケーブルテレビ(CATV)をご利用の場合は、ケーブルテレビ会社からの配信方式がパススルー方式であれば、本機で地上デジタル放送をお楽しみいただけます。 配信方式についてはご契約のケーブルテレビ会社にお問い合わせください。
・5.1chマルチ・チャンネルには対応しておりません。2chステレオにダウンミックスされます。
・同梱のリモコンは複数のテレビメーカーに対応しておりますが、機種によりコントロールできない場合があります。
・地上デジタル放送の受信には、送信塔の方向に地上デジタル放送受信用アンテナを設置する必要があります。
・地上デジタル放送を視聴するには、地上デジタル放送に対応したUHFアンテナやブースター、混合器などが必要となる場合があります。
・BS・110度CSデジタル放送の受信には、衛星放送アンテナの設置が必要です。
・本製品を設置される地域(場所)が地上デジタル放送を視聴可能かどうかは、最寄りの電気販売店や「総務省地上デジタルテレビジョン放送受信相談センター」にお問い合わせください。
・放送波のエリア内であっても、建物や地形により電波が遮られる場合や電波の受信状況によっては、視聴いただけない場合もあります。
・録画した番組を再生するには録画時に使っていた本製品とハードディスクが必要です。 そのため、製品を交換した場合は、交換前の製品で録画された番組は再生できません。
・本製品が故障した場合はそれまでに録画した番組が再生できなくなります。
・録画データを保存したハードディスクが壊れた場合、それまでに録画した番組を再生できなくなります。
・本製品に複数のハードディスクを接続していると録画できません。録画時はハードディスクを1台のみ接続してください。
・録画・再生において発生するいかなる損害について、当社は一切の責任を負いかねます。
・バスパワーハードディスクは非対応です。セルフパワーハードディスクをご利用ください。

このページのトップへ