毎日やってる! e-TREND ALL TIME SALE close
ILCE-5100L/B_画像0
ILCE-5100L/B_画像0

商品バリエーション

  • デジタル一眼カメラα Eマウント ILCE-5100L/T [デジタル一眼カメラ α5100パワーズームキット ブラウン]
  • デジタル一眼カメラα Eマウント ILCE-5100L/W [デジタル一眼カメラ α5100パワーズームキット ホワイト]
  • デジタル一眼カメラα Eマウント ILCE-5100Y/B [デジタル一眼カメラ α5100Wズームキット ブラック]
  • デジタル一眼カメラα Eマウント ILCE-5100Y/T [デジタル一眼カメラ α5100Wズームキット ブラウン]
  • デジタル一眼カメラα Eマウント ILCE-5100Y/W [デジタル一眼カメラ α5100Wズームキット ホワイト]
タッチで、すばやく、キレイ。高速AFと高画質を両立したタッチパネル搭載の小型・軽量デジタル一眼カメラ

ソニー(SONY) デジタル一眼カメラα Eマウント ILCE-5100L/B [デジタル一眼カメラ α5100パワーズームキット ブラック]

¥62,133(税込)

送料無料!

在庫切れ※納期目安について

一時的に在庫を切らしていますが、ご注文を受け付けています。

オプションを追加で申し込む

型 番: ILCE-5100L/B

発売日: 2014年09月05日

詳 細: メーカーページへ

商品紹介

瞬時にとらえて離さない、進化したファストハイブリッドAF

追随性と高速性に優れた位相差AFと高精度なコントラストAFを併用し、フォーカスの速度と精度を両立する「ファストハイブリッドAF」を搭載。さらにα6000と同様に、AFエリアが画面のほぼ全域をカバーする179点像面位相差AFセンサーを採用。追随性が格段に向上し、高速性に優れる位相差AFで様々なシーンに対応可能となり、0.07秒(*)のAFスピードを実現。狙った被写体を瞬時にとらえ、大切なシャッターチャンスを逃しません。

* APS-Cセンサー搭載デジタル一眼カメラとして。CIPAガイドライン準拠、内部測定方法、プリAFオフ時。 E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS装着時。2014年8月4日時点、ソニー調べ

画面のほぼ全域をカバーする179点像面位相差AFセンサー

α5100は、179点もの測距点を配した像面位相差AFセンサーを採用。画面のほぼ全域をカバーする広範囲のAFエリアによって画面の中央にない被写体に対してもAFが瞬時に反応可能に。これにより動きのある被写体への追随性も向上し、より多くのシーンで位相差AFによる高速AFが可能になりました。

動画撮影時にもファストハイブリッドAFで的確にとらえる

高速・高精度なファストハイブリッドAFが動画撮影時にも働きます。シーンに応じて位相差AFとコントラストAFを使い分けることで、より的確なピント合わせが可能に。追随性にも優れており、動いている被写体を正確にとらえ続けます。

高画質で決定的瞬間を逃さない、最高約6コマ/秒のAF・AE追随高速連写

画像処理エンジン「BIONZ X(ビオンズ エックス)」の高速処理により、最高約6コマ/秒(*)のAF・AE追随高速連写を実現。「ファストハイブリッド AF」との組み合わせることで、フォーカスが迷うことなく被写体に的確にピントを合わせ続けながら連写でき、決定的瞬間や人物の一瞬の表情を逃しません。

* 「連続撮影」モード Hi時
※ 撮影速度は、撮影条件やメモリーカードにより異なります

最初から最後までワンシーンすべてを連写できる、最大約56枚(*1)の連続撮影

α5100は、最高約6コマ/秒(*2)の高速連写で最大約56枚(*1)の連続撮影が可能。余裕を持って連写を開始できるので、タイミングを逃すことなくベストな瞬間を切り取れます。また子どもの徒競走など、短いシーンであれば最初から最後までを連写でき、一連のシーンの中からベストショットを選べます。

*1 JPEG Lサイズ ファイン時
*2 「連続撮影」モード Hi時
※ 撮影速度は、撮影条件やメモリーカードにより異なります

高速レスポンスに応える、ソニーの高速SDメモリーカードUXシリーズ(別売)

α5100の高速レスポンスを引き出すなら、ソニーの高速SDHC/SDXCメモリーカード「SF-UXシリーズ」がおすすめ。UHS-I規格に対応し、高速連写時にもストレスのない高速書き込みを実現。パソコンへの大容量データの高速転送も可能で、効率的な作品づくりをサポートします。

撮影シーンに応じて使い分けられるフォーカスモード

手動でピントを合わせるマニュアルフォーカスや、オートフォーカスでピントを合わせた後に手動でピントを微調整できる「ダイレクトマニュアルフォーカス(DMF)」機能を搭載。また、オートフォーカスモードは、「シングルAF(AF-S)」と動いている被写体にピントを合わせ続ける「コンティニュアスAF(AF-C)」に加え、AF-SとAF-Cをカメラが自動で判断して切り替える「AF-A」モードも搭載しました。

※ 「DMF」はEマウントレンズ装着時に対応

フォーカスモードを自動で切り替える「AF-A」モード

フォーカスロックできる「AF-S」モードと、動いている被写体にピントを合わせ続ける「AF-C」モードを、カメラが自動で判断して切り替える「AF-A」モードを搭載。被写体が動き出すなど状況が変わっても最適なAFモードでスムーズに対応できます。

動いている被写体をとらえ続ける「ロックオンAF」

狙った被写体にピントを合わせ続ける「ロックオンAF」機能を搭載。従来の顔・物体追尾に加えて、物体サイズの認識も可能になりました。追尾AF枠がAFポイントにかかりやすくなり、より最適なポイントでのAFを実現。人物撮影の場合では、顔による検出ができなくなっても人物サイズでの認識に可変し、AF枠が被写体をとらえ続けます。

※ 「AF-C」モード時のみ有効

緻密(ちみつ)なピント合わせを可能にする「瞳AF」

瞳だけにオートフォーカスする「瞳AF」機能を搭載。顔が斜めを向いているときでも高い精度で瞳を検出でき、合焦すると合焦エリアが一定時間表示されるため、意図通りにピントが合っているか事前に確認できます。「瞳AF」機能はカスタムキーに割り当てることで使用できるので、撮影シーンに応じて任意に起動できます。

構図を選ばず、的確なピント合わせができるフォーカスエリア

179点の位相差AFと25点のコントラストAFにより、フォーカスエリアが画面の広範囲をカバーし、どんな構図でも被写体をとらえる「ワイド」。 画面中央のみでピントを合わせる「中央重点」。 ユーザーが任意にピントを合わせる位置を指定できる「フレキシブルスポット」。さらに、25点のコントラストAF枠から3×3のエリアを自由に設定できる「ゾーン」。4種類のフォーカスエリアから、被写体や構図にあわせて選択できます。

3段階から枠サイズが選べる「フレキシブルスポットAF」

画面上の任意の場所を選択してピント合わせができるフレキシブルスポットのスポット枠サイズが3段階から選択可能。スポット枠が狙った被写体よりも大きいためにピントが定まらない場面でも、スポット枠を小さくし、より厳密なピント合わせができます。

フォーカスエリアを自由に設定できるゾーンAF

Aマウントの一眼カメラに採用されていたゾーンAFを搭載。25点のコントラストAF枠から3×3のエリアを自由に設定でき、選択したゾーンの中でのピントを合わせが可能です。狙った被写体へのピント合わせがすばやく簡単にできます。

狙った被写体に画面でタッチするだけ「タッチシャッター」

静電容量方式のタッチパネルを採用したα5100は、撮りたい被写体に画面上で触れるだけで簡単にシャッターが切れる「タッチシャッター」機能を搭載。タッチしたポイントに瞬時にピントが合うので、狙った被写体を直感的に撮ることができます。

撮りたいところに自在にピント合わせ「タッチフォーカス」

撮りたいところに瞬時にピントを合わせるのに便利な「タッチフォーカス」機能を搭載。画面上でタッチしたポイントにピントが合うので、狙った被写体だけにピントを合わせたいときや、構図にこだわって撮りたいときに便利です。

画面を見ながら、かんたんキレイに自分撮り

α5100には180度チルト可動式液晶モニターを搭載。液晶モニターを約180度反転させるだけで画面を見ながら自分撮りがかんたんにでき、背景を入れるなど構図にこだわった撮影も可能です。さらに、自分撮りセルフタイマーで、3秒後にシャッターが切れるので手ブレもしっかり抑えられます。

180度チルト可動式液晶モニターならこんな時に便利

表情や笑顔を美しく撮影できる「顔検出」

カメラが人物の顔を検出して、ピントや明るさ、肌の色あいなどを自動で調整してくれる「顔検出」技術により、被写体をくっきり美しく撮影できます。「顔検出」は、同時に最大8人まで検出できて、動画撮影中も有効です。

印象的なポートレートもかんたんに

ピントや構図合わせが難しい自分撮りも、α5100ならかんたん。カメラが自動で顔を見つけて、ピントや肌の色あいを調整してくれるので、くっきり美しい表情にできます。さらに「オートフレーミング」機能を使えば、より印象的なポートレートを自動で切り出してくれます。

※ 切り出された画像は「全画素超解像技術」によりオリジナル画像と同じ解像感を保ちます。また、オリジナル画像も保存されます。画質モードがRAW、RAW+JPEG時、連写撮影時、重ね合わせ処理設定時、デジタルズーム時、マニュアルフォーカス時は使用できません

肌を自動でなめらかにする「美肌効果」モード

「美肌効果」モードを使うと、顔のシワやくすみを抑えて、肌をよりなめらかに美しく見せられます。最大8人まで自動で検出してくれるので、記念撮影にも使えます。もちろん自分撮りにも活用でき、キレイなセルフポートレートをかんたんに撮影できます。美肌効果は、低・中・高の3段階から選べます。

※ JPEG、単写を選択時のみ

フラッシュ内蔵の小型・軽量ボディ

タッチパネルを搭載しながらも、ぎりぎりまで小型化を追求したα5100。ボディ単体の重さはわずか約224g(*)。いつでも気軽に持ち歩ける最適なサイズの一眼カメラを実現しました。また、コンパクトボディには、フラッシュも内蔵。暗いシーンでブレやすいときや、夜景のポートレートで表情をもっと鮮やかに撮りたいときに便利です。

* 本体のみ。バッテリーとメモリースティック PRO デュオを含んだ質量は約283gになります

コンパクトカメラ感覚で使える光学ズーム

キットレンズのE PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSSには電動ズームを採用。一定速度でのズームが可能なため、動画撮影時にも便利です。さらに、レンズだけでなくカメラ本体にもズームレバーを搭載しているので、コンパクトデジタルカメラのように気軽にズーム撮影ができます。

※ ズームレバーで光学ズームを操作できるのは、電動ズームレンズのみです。その他のレンズでは電子ズーム(デジタルズーム、「全画素超解像ズーム」)が使用できます

大画面で見やすい、3.0型ワイド液晶

背面いっぱいに広がる液晶モニターには、高精細な3.0型ワイド「WhiteMagicディスプレイ」を採用。光の反射を抑えた、高コントラストで深みのある黒を再現しながら、被写体の細部や微妙なグラデーションまで鮮明に映し出します。

スタイリッシュに持ち歩ける、洗練されたデザイン

レンズ、液晶、グリップの3要素を限りなく研ぎ澄ましたミニマルなデザインで、小型・軽量ボディを実現したα5100。安定したホールド性を実現するグリップには、マットな質感でシボ風のテクスチャーを採用し、より滑りにくく持ちやすくしました。カラーバリエーションは、自分のスタイルに合わせて選べる3色をご用意。ブラックは、マットで質感の高いプロット塗装を施し、マウントリングを含めすべてのパーツを黒で統一するなど、落ち着いたカメラらしい佇まいに。ホワイトは、グリップをはじめ全体をピュアな白で包み、スタイッリュなフォルムが際立つデザインに。そしてブラウンは、ボディに光沢感のあるブロンズ調塗装を施し、深みのあるグリップカラーと組み合わせて、上質な印象に仕上げました。

大きくぼかしてキレイに撮れる、有効約2430万画素APS-Cセンサー

一般的なデジタル一眼カメラと同じAPS-Cサイズの有効約2430万画素「Exmor(エクスモア)」CMOSセンサーを搭載。この大きなセンサーにより、美しいぼけや豊かな階調表現、暗い所でも低ノイズでクリアな画質など、一眼ならではの美しい描写を実現します。さらに、独自のオンチップカラムAD変換やデュアルノイズリダクション、ギャップレスオンチップレンズ構造などに加え、ソニーの最先端のプロセス技術により集光効率が大幅に向上。高い解像力を最大限に発揮しながら、高感度撮影時にはノイズを徹底的に抑制し、暗いシーンもクリアに撮れます。

集光効率を飛躍的に高めるギャップレスオンチップレンズ構造

レンズから入射する光を最大限にイメージセンサーに取り込むため、隣接する画素間のギャップを最小限に抑え、集光効率を飛躍的に高めました。さらにオンチップレンズの位置を光の入射角に合わせて最適化し、入射角が厳しくなるイメージセンサー周縁部まで高画質を実現しています。

ノイズを徹底的に抑制し、最高ISO感度25600を実現

APS-Cサイズの大型イメージセンサーの性能を最大限に生かし、高い解像度と最高ISO感度25600という高感度性能を両立。高感度撮影時でもエッジや輪郭部のシャープさを保ちながら、圧倒的な低ノイズを実現します。光量の少ない場面でも高速シャッターを確保できるため手ブレを抑えた写真が撮れ、フラッシュを発光させずに雰囲気を残した描写が可能です。

新世代の画像処理エンジン「BIONZ X(ビオンズ エックス)」

圧倒的な処理能力でリアルタイムに見たままの質感や高精細感を忠実に再現する、新世代の高速画像処理エンジン「BIONZ X(ビオンズ エックス)」を搭載。処理速度が飛躍的に向上しただけでなく、ディテールリプロダクション技術や回折低減処理、進化したエリア分割ノイズリダクション技術の採用により質感描写をさらに高め、リアリティーのある高画質を実現します。

質感描写を高めるディテールリプロダクション技術

画像処理エンジン「BIONZ X」では、細部の質感描写が大幅に進化。信号処理プロセスにおけるディテールリプロダクション技術により、デジタル特有の輪郭強調を抑え、高い解像感による自然な立体感を再現します。

絞っても高い解像感を維持できる回折低減処理

センサーの多画素化にともない、深い被写界深度で撮影する風景撮影などで課題となるのが回折現象です。画素サイズが小さくなるほど、また絞りを絞るほど顕著に現れるこの症状を低減する回折低減処理を搭載。絞り値に応じたフィルター処理を適用し、パンフォーカス撮影においても高い解像感を実現します。しっかり絞り込んで撮りたい風景撮影などに威力を発揮します。

効果的にノイズを抑えるエリア分割ノイズリダクション

シーンに応じて画像の特長を判別し、エリアごとに最適なノイズ低減処理とシャープネス処理を行うことで、低照度環境下でも解像感を維持したままノイズを大幅に低減する「エリア分割ノイズリダクション」。「BIONZ X」ではさらにディテールリプロダクション技術と組み合わせることで、高感度時でも従来以上に解像感を高めながら効果的にノイズを抑え、クリアで抜けの良い高感度画質を実現します。

撮りたいイメージをかんたんにつくれる「マイフォトスタイル」

液晶画面を見ながらダイヤルを回すだけで、背景をぼかしたり、色味を変えたり。「マイフォトスタイル」なら、背景のぼけの大きさを変えられる「背景ぼかし(*)」をはじめ、「色あい」「明るさ」「鮮やかさ」「ピクチャーエフェクト」の5項目を直感的に操作できます。カメラに詳しくなくても、画面を見ながらあれこれ試して、これだと思うイメージをかんたんに表現できます。「マイフォトスタイル」は、動画を撮影するときも活用できます。

* 被写体や撮影距離、使用するレンズによって得られる効果は異なります
※ 「Eマウントレンズ」を装着時のみ

カメラまかせでキレイに撮れる「プレミアムおまかせオート」

撮影状況やシチュエーションを見分けて、絞りやシャッタースピード、ISO感度、ホワイトバランスなどを、カメラが最適な設定に自動で調整する「おまかせオート」モードを搭載。さらに、認識したシーンに応じて最適な撮影機能を自動的に呼び出して撮れる「プレミアムおまかせオート」モードなら、逆光時は「オートHDR(ハイダイナミックレンジ)」、夜景では「手持ち夜景」モードなど、高度な撮影機能を手軽に使えます。シャッターを押すだけで、カメラまかせでキレイな写真がかんたんに撮れます。

個性的なアート作品がつくれる「ピクチャーエフェクト」

個性的な作品づくりを楽しめる「ピクチャーエフェクト」機能を搭載。「トイカメラ」や「ポップカラー」、「ソフトフォーカス」をはじめ、「イラスト調」や「水彩画調」など、13種類のエフェクトを使って印象的な作品を撮影できます。パソコンで画像加工しなくても、カメラの設定だけで自分らしい仕上がりを自由に楽しめます。

※ P・A・S・Mの露出モードでのみ可能
※ 一部のエフェクトは、ライブビュー画および動画撮影時に反映されません
※ 画質設定がRAW、RAW+JPEG時には使用できません

* 「マイフォトスタイル」からは設定できません

大型センサーならではのフルハイビジョン動画

60pフルハイビジョン(AVCHD Ver.2.0、1920×1080)動画撮影に加えて、プロ用に開発された4K/HDフォーマットXAVCを民生用途に拡張したXAVC Sフォーマットでの動画記録も可能。APS-Cサイズの大型センサーならではの高画質な動画を、高精細でなめらかなフルハイビジョン映像として記録できます。高感度性能も向上し、より幅広い感度領域で撮影できます。さらにレンズ交換による画角の変化や、デジタル一眼カメラならではのぼけ表現など、多彩な映像表現を楽しめます。

フルハイビジョン動画とMP4動画の同時記録が可能

AVCHD動画またはXAVC S動画のフルハイビジョン動画記録(*)と同時に、MP4動画も記録することができます。TVなどの鑑賞用には高精細でなめらかなフルハイビジョン動画記録、インターネットなどにアップロードしてシェアするためにはMP4動画記録が使えるので、撮影後に用途に合わせてデータを変換する必要がなく便利です。

* 60p/50p記録時を除く

交換レンズならではの映像表現

レンズを交換することで、さまざまな表現が動画撮影でも楽しめます。さらに「トランスルーセントミラー・テクノロジー」を搭載したマウントアダプターLA- EA4(別売)を使えば、すべてのAマウントレンズ(*)を装着可能。静止画・動画を問わず、高速・高精度なTTL位相差検出方式AFが働くため、動画撮影でもレンズの特長を生かした多彩な映像表現が可能です。

* STFレンズはマニュアルフォーカス専用、またテレコンバーターとミノルタのXiレンズ、1倍/3倍マクロレンズでは使用できません

APS-Cセンサーと画像処理エンジンの連携が生む高画質

「Exmor(エクスモア)」CMOSセンサーの読み出し処理を最適化することで、映像の解像感がさらに向上。また、画像処理エンジン「BIONZ X(ビオンズ エックス)」と連携することで、ディテールリプロダクション技術などの映像処理も加わり、動画撮影時でも高い解像感を維持しています。

暗いシーンもノイズを抑えてクリアな映像を再現

α5100は、動画撮影時でも最高ISO感度12800相当の幅広い感度領域に対応。画像処理エンジン「BIONZ X(ビオンズ エックス)」の搭載によりノイズリダクション処理が飛躍的に向上し、低照度環境での動画撮影でもノイズの少ないクリアな画質を実現しています。

モアレやジャギーを抑えた滑らかな映像

「Exmor(エクスモア)」 CMOSセンサーの情報読み出し処理の最適化と、画像処理エンジン「BIONZ X(ビオンズ エックス)」での映像処理により、モアレや斜め線の表現に発生するジャギーを大幅に抑えた滑らかな映像を再現します。

動画撮影にも対応したファストハイブリッドAF

ファストハイブリッドAFは動画撮影時にも対応。これにより動いている被写体に対してもしっかりAF追随し、的確にとらえ続けます。また、画面のほぼ全域をカバーする像面位相差AFセンサーにより、画面中央にない被写体に対しても素早くピントを合わせます。

AFの駆動速度、追従感度の調整が可能

動画撮影には本体設定から「AF駆動速度」と「AF追従感度」の調整が可能。動きの速い被写体を撮影するときはAF駆動速度を「高速」に設定することで素早いAFが可能に。また、あまり動きのないシーンでは「標準」-「低速」に設定することで、フォーカスが過剰に移動することによる視聴時の不快感を低減できます。さらに全力で走る犬など、標準では追えない高速な被写体を撮るときは、AF追従感度の設定を「高」にすることでしっかりAF追随が可能になります。

露出コントロールで自由な映像表現

P・A・S・Mの露出モードで動画撮影した場合、表現意図やシーンの光量に合わせて自在な露出コントロールが可能です。静止画だけでなく、動画撮影でも背景をぼかしたり、明るさを調節したり、クリエイティブな映像を撮影できます。

ステレオマイクで音にもこだわる

α5100の小型ボディには、音声記録用ステレオマイクと再生用スピーカー(モノラル)を内蔵。内部の回路やシステムの進化により、マイクの集音性能が向上し、ノイズを低減。美しいフルハイビジョン動画をクリアな音質で楽しめます。

外部モニターで映像を確認できるHDMI同時出力

HDMI同時出力が可能なため、液晶画面だけでなく外部モニターでも同時に映像を確認できます。外部モニター上で確認する際には、情報表示をオフにすることができます。また、外部レコーダーを使って、非圧縮動画をそのまま記録することもでき、後編集の自由度が格段に向上します。

商品スペック

【一般仕様】
 ●型式 フラッシュ内蔵レンズ交換式デジタルカメラ
 ●使用レンズ ソニーEマウントレンズ
【撮像部】
 ●撮像素子 APS-Cサイズ(23.5 x 15.6mm)、"Exmor"CMOSセンサー
 ●カメラ有効画素数 約2430万画素
 ●総画素数 約2470万画素
 ●アスペクト比 :3:2
 ●アンチダスト機能 アンチダストコーティング付き光学フィルター
 ●カラーフィルター RGB原色フィルター
【質量】
 ●質量(g)(バッテリーと”メモリースティックPROデュオ”含む) 約283g
 ●質量(g)(本体のみ) 約224g
【外形・寸法】
 ●外形寸法 109.6(幅)×62.8(高さ)×35.7(奥行き) mm
【付属品】
 ●付属品 リチャージャブルバッテリーパック NP-FW50、ACアダプター AC-UB10、ショルダーストラップ、マイクロUSBケーブル
 ●キットレンズ E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS
  • LINE
  • Twitter
  • Facebook

おすすめ商品

おすすめカテゴリー

  • スマートフォン
  • タブレット
  • ノートPC
  • ハードディスク
  • スマートフォン
  • タブレット
  • ノートPC
  • ハードディスク

法人のお客様へ

  • ネットワークハードディスク
  • 液晶モニター
  • プリンター
  • 有線ルーター
  • ネットワークハードディスク
  • 液晶モニター
  • プリンター
  • 有線ルーター
ページトップへ戻る