最大70%オフ!毎日セール開催中! close
TS5610DN1806_画像0
TS5610DN1806_画像1
TS5610DN1806_画像2
TS5610DN1806_画像3
TS5610DN1806_画像4
TS5610DN1806_画像5
TS5610DN1806_画像0
TS5610DN1806_画像1
TS5610DN1806_画像2
TS5610DN1806_画像3
TS5610DN1806_画像4
TS5610DN1806_画像5

商品バリエーション

  • TeraStation TS5610DN TS5610DN2406 [10GbE標準搭載 6ドライブNAS 24TB]
  • TeraStation TS5610DN TS5610DN3606 [10GbE標準搭載 6ドライブNAS 36TB]
10GbEを標準搭載した 大容量6ドライブモデル

バッファロー TeraStation TS5610DN TS5610DN1806 [10GbE標準搭載 6ドライブNAS 18TB]

キャッシュレス5%還元対象キャッシュレス5%還元対象

¥229,809(税込)

送料無料!

参考価格:¥305,800

在庫僅か※納期目安について

12時までのご注文で本日中に出荷致します。

オプションを追加で申し込む

型 番: TS5610DN1806

発売日: 2017年08月28日

詳 細: メーカーページへ

商品紹介

パフォーマンスと信頼性を追求した 様々なビジネスシーンにテラステーション

複数部署で使える大容量ファイルサーバー

複数部署で共有できる大容量NAS

SMB/CIFSをサポートし、Windows、Mac、Linux/UNIXクライアント環境が混在するネットワークでもファイルを共有可能。グループ・ユーザー毎にアクセス制限が行え、セキュアで効率的なデータ管理が行えます。

複数になってしまったファイルサーバーを統合

ファイルサーバーを集約することで管理工数を削減することができます。
さらに、10GbEスイッチと合わせてクライアント数が増えてもパフォーマンスを損ないません。

10GbE対応のスイッチとの導入で複数のPCからの同時アクセスでも業務効率アップ

NASとスイッチが10GbpsLAN対応の場合

10GbE環境がない場合にも、10GbE対応のテラステーションとスイッチを導入するだけで、テラステーションへのアクセスがRAID5時に約2.6倍、RAID6時に約2.4倍高速に。PCでテラステーション上のファイルを編集したり、PCからテラステーションへのバックアップがもっとスムーズになります。

■クライアントPC6台からの通信速度の測定
【クライアント環境】
PC:東芝 dynabook R63/P  6台 / CPU: Core i5-5300U 2.30GHz / メモリー:4GB / SSD:東芝 THNSNJ128GMCY / OS:Windows 7 Pro (32-bit) SP1
【10GbE環境】
NAS:TS5610DN / スイッチ:BS-XP2012
【1GbE環境】
NAS:TS5600DN / スイッチ:BS-GS2016

多台数からの同時アクセスでも安定稼働
同時アクセスで高負荷の時も安定稼働

同時に複数のサーバーやPCから接続して運用されるテラステーションは、同時接続時の安定性も重要なポイントです。
例えば、業務時間外のPCの一斉バックアップや、授業などでのテラステーション内の動画の同時視聴など、一度に負荷がかかる状況を想定し高負荷動作試験を実施しました。
24時間連続での同時フルアクセス時の安定稼働台数検証では、同時に60台のPCが安定稼働できることが実証されました。
これは従来品(TS5800DN)の40台に比べ約1.5倍であり、多台数のサーバーやPCが同時稼働する環境にも安心してお使いいただけます。

【測定方法】
60台のクライアントPCをTS5610DNに接続し、書き込み/比較/削除を一斉に繰り返し、24時間エラーなく終了することを確認

オフィスのクライアントPC、サーバーをバックアップ

PC内のデータをバックアップ

クライアントPCから各種サーバーまで、ありとあらゆるビジネスデータのバックアップをサポートします。

・Windows標準バックアップ対応
・MacのバックアップができるTime Machine対応
・各種サーバーバックアップソフトウェア対応

仮想サーバーのストレージ用として(iSCSIターゲット)

仮想サーバーのストレージ用として(iSCSIターゲット)

iSCSIターゲット機能を搭載する本製品は、仮想環境の増設ストレージとして使用できます。
10GbE標準搭載なので、10GbEのサーバー環境へも導入できます。
また、ボリュームを複数作成することで、各ボリュームをNASかiSCSIストレージかを選んで使用可能なので、本製品1台を多目的に使用することもできます。

10GbE&クアッドコアCPUを搭載 サーバーバックアップの高速化と安定稼働を実現

高速化

高速イーサーネット10GbE標準搭載

10GbE(10ギガビットイーサネット)を標準搭載しているため、NASへの10GbE搭載LANカード増設なしで、10GbEのハイスピードを使用できます。

また、IEEE802.3bz規格にも対応しており、多くのビルで既に敷設されているカテゴリー6ケーブルやカテゴリー5eケーブルの環境であっても、同規格に対応したスイッチに変更するだけで、5GbEや2.5GbEのスピードにてご利用いただけます。

10GBASE-T / 5GBASE-T / 2.5GBASE-T / 1000BASE-T / 100BASE-TX : 1ポート
1000BASE-T / 100BASE-TX : 2ポート

※10GbEをご利用になる場合は、10GbEに対応したスイッチと、添付のLANケーブル または、カテゴリー6A以上のLANケーブルを使用する必要があります。

1.7GHzクアッドコアCPU + RAIDアクセラレータ搭載

CPUにAnnapurna Labs Alpine AL314 クアッドコアプロセッサーを採用し、さらなる高速化を実現。オフィスの情報共有スピードを引き上げるハイパフォーマンスモデルです。
さらに、パリティ計算用のハードウェアエンジン「RAIDアクセラレータ」を搭載しており、RAIDを構築して使用されることが一般的なNASにおいて、より高速で安定した動作を可能にしています。

※RAID5/6のパリティ計算時に動作します。

4GB大容量のECCメモリーを搭載

4GB大容量のECCメモリを搭載

4GBの大容量メモリーを採用。
ファイルサーバー、バックアップ、レプリケーションなど様々な用途でNASを使用しても、安定した動作を実現します。
また、サーバー機などで使用されているECCメモリーモジュールを搭載。
メモリーに誤った値が記録されていることを検出し、正しい値に訂正しながら動作させるので、データエラーが発生してもシステムを停止せずに運用できます。

10Gイーサネット環境の構築に欠かせない 10Gイーサネット対応スイッチ

10GbE環境の構築に欠かせない10GbE対応スイッチ
全ポート10GBASE-T、5GBASE-T、2.5GBASE-Tに対応したスイッチ(BS-MP20シリーズ)と組み合わせることで、10GbE、5GbE、2.5GbEのハイスピードな環境を構築します。

>>BS-MP20シリーズの詳細はこちら

1GbEの上限値を超えた速度を実現

10GbE標準搭載で1GbEのボトルネックを越えた速度を実現

1GbEの上限値を超えた転送スピードを実現する10GbEを標準搭載。
書き込み読み込みともに、従来製品と比較し、10GbEを搭載した本製品は速度アップを実現しました。
これにより、ビジネスシーンでファイルのアップロード、ダウンロードの速度アップやテラステーション内のファイル操作時間の短縮、またPCなどのバックアップ時間を大幅に改善します。

【測定環境】
CPU:Intel(R)Core(TM)i7 4771
M/B:Intel(R) H87 chipset (MSI H87-G41)
メモリー:PC-1600 DDR3 8GB x4
NIC:Intel(R) X540-T2 (10Gbps用)
OS:Windows Server 2012 R2 64bit
【測定方法】
4GB×1個のファイルをExplorerコピーした際のMB/s値

10GbE環境の構築でバックアップ時間を削減

10GbE環境で大容量データのバックアップ

10GbE搭載の本製品と10GbE対応スイッチ(BS-MP20シリーズ、BS-XP20シリーズ)で10GbE環境を構築すれば、旧モデルでは約11時間2分かかっていたバックアップも約8時間2分 (※)で完了。バックアップ時間を約27%短縮します。

>>BS-MP20シリーズはこちら
>>BS-XP20シリーズはこちら

※RAID6モードに設定し、4GBのファイルを750個転送した際の転送時間

「壊れにくい」と「データを守る」の両面が充実 長時間稼働と継続運用を支える、高信頼設計

高信頼設計

長期安定稼働を実現する2つのポイント 「NAS専用HDD」「ファームウェア二重化」

「NAS専用HDD」「ファームウェア二重化」

1.NAS専用HDD
NASシステム用に設計されたNAS専用HDDは、高い信頼性と安定した動作を特徴としています。
これは、NASの特徴である長時間稼働に適しており、故障のリスクを低減し、製品寿命を延ばすことに成功しました。
これにより、HDDを含めた製品3年保証が実現しました。


2.ファームウェア二重化構造

トラブル時に自動で復旧が可能

HDDとNANDフラッシュ上にファームウェアを二重化して保持。
万が一、HDD上のファームウェアが壊れても、NANDフラッシュ上のファームウェアから自動で修復を行います。
これにより、システムダウンを防ぎ長期安定稼働を提供いたします。
また、自動修復できない場合でも、ファンクションボタンを押しながら起動させることで、現場にてすぐに修復が可能。

商品スペック

筐体タイプ 据え置き
搭載OS Linux
搭載済ストレージ容量 18000GB
3.5インチスロット搭載済数 6台
ストレージインターフェース規格 Serial ATA III
ホットスワップ 対応
RAID対応 ソフトウェア
RAID仕様 RAID6、RAID5、RAID10、RAID1、RAID0
ファイルシステム 対応ネットワークファイル プロトコル→SMB/CIFS、AFP、FTP、SFTP、NFS、SNMP
CPU Annapurna Labs Alpine AL314 クアッドコアプロセッサー
メモリー容量 4GB
NIC仕様 10Gb(10GBASE-T/5GBASE-T/2.5GBASE-T/1000BASE-T/100BASE-TX→1ポート)、1Gb(1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T→2ポート)
USB仕様 インターフェース→USB 3.0、端子数→3、データ転送速度→最大5Gbps(規格値)
本体サイズ(H) 260mm
本体サイズ(W) 170mm
本体サイズ(D) 230mm
本体重量 9500g
消費電力(稼働時) 150W
ファンコントロール 92mm角 ダブルボールベアリングファン 2基
対応クライアントOS Windows10/8.1/7、Server2016/2012R2/2012/2008R2/2008、Mac OSX 10.12/10.11/10.10/10.9
iSCSI(IP-SAN) 対応
その他通信プロトコル TCP/IP
附属品 LANケーブル、ACケーブル、3極-2極変換アダプター、前面カバー開閉用鍵、ケーブル抜け防止バンド、導入マニュアル、保証書、シリーズシール
温湿度条件、最高動作高度 温度0~40℃、湿度10~85%
  • LINE
  • Twitter
  • Facebook
ページトップへ戻る