最大70%オフ!毎日セール開催中! close
スペースアイ700RED_画像0
スペースアイ700RED_画像1
スペースアイ700RED_画像2
スペースアイ700RED_画像3
スペースアイ700RED_画像4
スペースアイ700RED_画像5
スペースアイ700RED_画像6
スペースアイ700RED_画像7
スペースアイ700RED_画像8
スペースアイ700RED_画像0
スペースアイ700RED_画像1
スペースアイ700RED_画像2
スペースアイ700RED_画像3
スペースアイ700RED_画像4
スペースアイ700RED_画像5
スペースアイ700RED_画像6
スペースアイ700RED_画像7
スペースアイ700RED_画像8
軽量・組み立て簡単な天体入門機。上下水平方向に動かせる微動ハンドル付で星を追いかけやすい!

Vixen スペースアイ700RED レッド [天体望遠鏡]

今ならMOOK本『わかる!楽しむ!火星大接近&はやぶさ2 [惑星探査の最前線と2018年天体イベントの見方がやさしくわかる]』をもれなくプレゼント!

¥17,779(税込)

送料無料!

在庫あり※納期目安について

14時までのご注文で本日中に出荷致します。

オプションを追加で申し込む

会員限定価格
Vixen スペースアイ700RED レッド [天体望遠鏡]

Vixen スペースアイ700RED レッド [天体望遠鏡]

¥15,800(税込)

型 番: スペースアイ700RED

商品紹介

●口径70mmながら軽量3.9kgの天体入門機。組立、操作ともにとても簡単です。
●架台部には上下、水平方向に微調整で動かせるハンドルがついていますので、目的の星を導入しやすく観測の際は便利です。
●簡易ウェッジを内蔵しているため、赤道儀(天体を追尾できる架台)としても簡易的に使用できます。
●アクロマートレンズを採用しているので、火星の他にも、月のクレーターから木星の衛星、土星のリングまで幅広く観測することができます。

望遠鏡のしくみ

望遠鏡のしくみ図

天体望遠鏡を知ろう

天体望遠鏡は、レンズや反射鏡が入っている「鏡筒」と、鏡筒を取付けて自由に安定して動かせるようにする「架台」、架台をしっかり支える「三脚」を組み合わせたものです。大きな鏡筒を取付けるためには大型の架台や三脚が必要になりますし、持ち運んで使いたいならすべてをコンパクトにまとめることになります。
どのような天体を観測するのか? 天体写真撮影が目的なのか? 移動をともなう天体観測なのか? など、目的に応じて選びましょう。ビクセンの天体望遠鏡は、鏡筒・架台・三脚のすべてがバランスよく組み合わされています。

鏡筒の口径と焦点距離

天体望遠鏡の心臓部ともいえる鏡筒は、星の光を集める対物レンズや反射鏡(主鏡)と、目で見るための接眼レンズで構成されています。大きくわけて「屈折式」、「反射式」、「カタディオプトリック式」の3種類があり、それぞれに適した使い方や観測対象があります。選ぶときにポイントとなるのは、ずばり対物レンズや主鏡の口径(有効径)です。暗い天体の光を集めるのが天体望遠鏡の主目的なのですから、口径が大きいほど、たくさんの光を集められるために明るくなり、暗い天体の観測・撮影に使えることになります。

対物レンズや主鏡の直径を有効径(口径)と呼びます。
対物レンズや主鏡の中心から、屈折または反射した光が一点に集まる点(焦点)までの長さが焦点距離です。


F値 = 対物レンズ(主鏡)の焦点距離 ÷ 対物レンズ(主鏡)の有効径

明るさは[F値]で表わします。値が小さいほど明るい天体望遠鏡です。

倍率は変えられる!

倍率(拡大率)は観測対象によって決めます。望遠鏡の倍率を決めるのは鏡筒の焦点距離と接眼レンズ。鏡筒(対物レンズまたは主鏡)の焦点距離を、接眼レンズの焦点距離で割ったものが倍率です。接眼レンズを交換すると倍率を自由に変えられます。



対物レンズ(主鏡)の焦点距離 ÷ 接眼レンズの焦点距離 = 倍率

星雲や星団の観測や写真撮影では2050倍の低中倍率、二重星や月面の詳しい観測なら50100倍、惑星の表面の模様などをはっきり見たいなら150倍以上といったように、観測対象にあわせて倍率(接眼レンズ)を替えながら適切な倍率で楽しみましょう。

おすすめ接眼レンズ!

見口部分がポップアップ(ツイストアップ)式となっていますので、見口の高さが変更できます。また強度に配慮しフルメタルボディとなっています(レンズ、目当ておよびグリップ部分を除く)。光学系は従来のNLVシリーズ接眼レンズ同様に全面にマルチコートを施したフーリーマルチコートを採用。レンズ素材には高級ランタン系ガラスを使用し、鮮明な視野と優れたコントラストを実現しています。アイレリーフ20mm統一のハイアイポイント設計で、長時間の観測でも目が疲れにくく、メガネをかけたままでも全視野が見やすいです。


SLVシリーズ

倍率による見え方

対物レンズ有効径(口径)と倍率の関係です。
空の暗さや大気の状態、観察する時期などにより天体の見え方は大きくかわりますので、おおよその目安としてください。

使える倍率を決めるのは何?

いくら接眼レンズ次第で倍率が変えられるといっても、あまりに倍率を上げると、視野が暗くなったり、像がぼやけたりしてしまいます。
天体望遠鏡には「適正な倍率」があり、その値は対物レンズや主鏡の口径(有効径)で決まります。適正な倍率は、口径の大きさ(ミリ数)を約2倍した数値までです。それ以上に倍率が高くなる接眼レンズを使っても、像は暗くぼやけてしまい、あまりよくは見えません。

商品スペック

対物有効径 70mm
焦 点 距 離 700mm
口 径 比 F10
集 光 力 肉眼の100倍
極 限 等 級 11.0等星
分 解 能 1.66秒
倍 率 35倍(実視界67′)、117倍(実視界20′)
付属接眼レンズ K20mm、K6mm(31.7mm)
架 台 上下水平ウォーム全周微動付・簡易ウェッジ付
三 脚 2段伸縮式アルミ三脚
付 属 品 天頂プリズム、6x24ファインダー
  • LINE
  • Twitter
  • Facebook

おすすめ商品

ページトップへ戻る