最大70%オフ!毎日セール開催中! close
DSC-HX400V_画像0
DSC-HX400V_画像1
DSC-HX400V_画像0
DSC-HX400V_画像1
動画も写真もこれ1台 光学50倍フラッグシップ ハイズーム

ソニー(SONY) DSC-HX400V [デジタルスチルカメラ Cyber-shot HX400V (2040万画素CMOS/光学x50) ブラック]

¥48,814(税込)

送料無料!

在庫僅か※納期目安について

15時までのご注文で本日中に出荷致します。

オプションを追加で申し込む

型 番: DSC-HX400V

発売日: 2014年04月04日

詳 細: メーカーページへ

商品紹介

手ブレをピタッと抑えて、ズーム撮影がだんぜんキレイ

光学50倍/全画素超解像100倍ズームのZEISSバリオ・ゾナーT*レンズ

一台で、広角24mmから望遠1200mmまでの撮影領域に対応。幅広いシーンで活躍します。さらに、レンズ群には1枚のスーパーED(特殊低分散)ガラスと2枚のED(特殊低分散)ガラスを使用し、高倍率ズーム領域で発生しやすい色収差をしっかりと抑え、色にじみが少なく、解像感のある高画質撮影を実現します。さらに、全画素超解像ズームを使用すれば、最大100倍(*)まで解像感を保ったまま被写体を拡大可能。静止画だけでなく動画でも使用でき、撮影表現の幅が広がります。

* 光学50倍ズームを含むワイド端からのズーム倍率
※ 焦点距離は静止画撮影時(アスペクト比4:3)の35mmフィルム換算の数値です

さらに高画質になった、ズーム時の手ブレを抑える新ピタッとズーム

高倍率ズーム時に起こりやすい手ブレを、高性能ジャイロセンサーとアルゴリズムで高精度に補正。さらに、進化した画像処理エンジンBIONZ X(ビオンズ エックス)の搭載により、画質がさらに向上しました。また、手ブレ補正はカメラを構えているときは常に有効なので、フレーミングもストレスなくスムーズ。ピント合わせもすばやく、撮りたいシーンを逃さず撮影できます。

高倍率ズーム時でも、手持ちのままブレを抑えて撮影。2群防振手ブレ補正

2群防振手ブレ補正は、ソニー独自の技術により、高倍率ズームレンズでは難しかった前方2群目の大きいズームレンズ群を動かすことで光学性能と高い防振性能を両立。補正エリアが広くなり、高倍率ズーム撮影でもブレにくく、手持ちのまま安定したフレーミングを実現します。

卓越した描写性能を実現する「T*コーティング」

ZEISS社の最高級・多層膜コーティング「T*コーティング」を実施。これにより、ゴーストやフレアなどの不要な反射光を極限まで抑え、高画質でクリアな画像を表現します。

撮りたい瞬間を逃さない、高速・高精度なオートフォーカス

「高速オートフォーカス」を実現。屋外などの明るいシーンはもちろん、屋内や夜景などの暗いシーンや、高倍率ズーム撮影でも被写体を瞬時にとらえ、撮りたい瞬間を逃さず撮影できます。さらに、動く被写体にピントを合わせ続ける「ロックオンAF」を搭載。被写体追尾性能が向上したことで、従来の追尾AF枠ではピント合わせができなったシーンでも、高精度に追尾してピントを合わせ続けます。また、フレームアウトした被写体の再追尾も可能になりました。

最大画像サイズ(20M)&メカニカルシャッターで、秒間10コマの高速連写

最大画像サイズ(20M)で秒間最大10コマの高速連写を実現(*)。メカニカルシャッターを使用した連写のため、高速で動く被写体を撮影する際でも、一般的な電子シャッター方式で起こる「ゆがみ」が発生しません。

* 撮影後、記録終了までに時間がかかります。撮影状況によって撮影の間隔が長くなることがあります

さらなる高画質を実現する、新画像処理エンジン BIONZ X(ビオンズ エックス)

サイバーショット2013年モデル(同等クラス)の約3倍の高速処理能力を備えた、新開発の高性能画像処理エンジン BIONZ Xを搭載。高い負荷がかかる処理も高速で行うことが可能になり、静止画・動画ともに描画性能が大幅に向上。より自然で忠実な質感描写と高い解像感を実現しました。リアリティーのある高画質で、被写体を見たままに再現します。

ディテールリプロダクション技術

解像感を高めるだけでなく、見たままのより自然な描写を実現する「ディテールリプロダクション技術」を搭載。デジタル特有の輪郭強調を極限まで抑え、高い解像感による自然な立体感を実現。質感描写力が大幅に進化し、被写体の細部までリアリティーのある高画質を実現します。

回折低減処理

深い被写界深度で撮影した際に発生しやすい、光の回折現象による解像感の低下(小絞りぼけ)を低減。レンズに最適化したフィルター処理を施すことにより、光の回折現象による不鮮明さを解消し、絞り込んだときも高い解像感を実現します。

エリア分割ノイズリダクション

画面を分割し最適処理を行う「エリア分割ノイズリダクション」が進化。「ディテールリプロダクション技術」と相まって、高感度撮影時でも解像感を高めながら効果的にノイズを抑えます。

暗いシーンでも、とびきりキレイに撮れる「プレミアムおまかせオート」

シーンや撮影者の状況に合わせて、最適な設定に自動調整してくれる「プレミアムおまかせオート」。暗いシーンでは、高速・高精度な画像処理によって最大4枚の連写画像を重ね合わせてノイズを低減。新たな信号処理技術により、暗所での画質が向上しています。逆光シーンでは、明るさ(露出)を変えた3枚の連写画像を重ね合わせ、白とびや黒つぶれを抑えて自然な一枚に仕上げます。また、進化した画像処理エンジンBIONZ Xの搭載により、被写体ブレ軽減効果がさらに向上。カメラが被写体の動きを高精度に検出し、ISO感度とシャッタースピードを最適にコントロール。動き回る被写体や、動きながらの撮影でも、ブレの少ない写真を撮影できます。

裏面照射型CMOSセンサー Exmor R(エクスモアアール)

裏面照射型CMOSセンサー Exmor Rは、ソニー独自開発の「裏面照射技術」によって、コンパクトカメラの課題であった受光感度を改善。従来モデルに比べ約2倍(*)の高感度を実現しました。有効約2040万画素の描写力と相まって、夜景や室内など暗いシーンでも、ひときわ美しい写真を撮影できます。

* 同サイズ、かつ同画素以上の撮像素子を搭載した機種との比較(メーカー比)

Wi-Fi(R)/NFCのワイヤレス接続でスマートフォンにらくらく写真を転送

スマートフォンとの連携を高めるWi-Fi(R)通信機能に加え、NFC通信機能も搭載。NFCに対応したAndroid(TM)搭載のスマートフォンやタブレットに、専用アプリPlayMemories Mobileをインストールすれば、複雑な接続設定や操作をすることなくワンタッチで静止画や動画を転送でき、SNSなどにアップロードして家族や友人とすばやく手軽に共有できます。

スマートフォン(*)からシャッターが切れる「スマートリモコン」

スマートフォン(*)やタブレットをリモコンにして、カメラを離れたところから操作できる「スマートリモコン」に対応。集合写真や自分撮りなど、手元で構図を確認してから撮影できます。シャッターだけでなく、ズームやフラッシュ、セルフタイマーなどの設定も可能。NFC通信機能を搭載したスマートフォン(*)またはタブレットなら、ワンタッチでワイヤレス接続できます。

* 静止画のみ

パソコンやテレビとのワイヤレス接続も可能

アクセスポイント経由でカメラとパソコンをワイヤレス接続すれば、USBケーブル接続しなくても、写真や動画をパソコンに自動保存できます。また、ネットワーク対応テレビなら、カメラに保存された写真をワイヤレスで転送して、テレビの大画面に表示できます。

撮影も再生も大きくキレイ。約92.1万ドットの3.0型「エクストラファイン液晶」

3.0型大画面の高精細「エクストラファイン液晶」を搭載。約92.1万ドットの高解像度で、被写体の細部まで鮮明に表示でき、ピント合わせや画像確認が快適に行えます。さらに、撮影した写真や動画も美しく鑑賞できます。

撮影の幅を広げる、マルチアングル(上下可動式)液晶

上方向、下方向に液晶を可動できるので、自由なアングルで快適に撮影できます。これにより、運動会などの人ごみでもハイポジションで撮影できたり、子どもやペットの目線に合わせてローアングルに構えたりと、表現の幅も広がります。

アイセンサー対応の電子ビューファインダー

0.2型、約20.1万ドット相当の電子ビューファインダーを搭載。アイセンサー対応で、ファインダーをのぞくだけでファインダー表示に自動で切りかわります。その間、液晶は消灯するので、フレーミングの邪魔になりません。また、ファインダーから目を離すと自動で液晶表示となり、自分で切りかえる手間がなく、好きなスタイルで撮影できます。

ズーム、フォーカスを手動で操作できる、マニュアルリング

レンズ横のスイッチを切り換えることで、ズームまたはフォーカスをレンズ部のリングを操作して調整できます。これにより、デジタル一眼カメラのように、自分の意図通りのズーミングやフォーカシングを行えます。また、より厳密にフォーカシングをしたいときは、ピント拡大機能を使用して画面の一部を大きく表示できます。

カメラの設定をすばやく操作

撮影設定をはじめ、さまざまな操作をすばやく行える「ジョグダイヤル」を搭載。ジョグダイヤル操作だけでISO感度、シャッタースピード、絞り、EV補正の設定を行えます。クリックで設定項目の切り替え、左右に回して設定値の変更ができます。

好みの設定をカメラに記憶

「MR(メモリーリコール)モード」を使用すれば、撮影シーンに合わせて、組み合わせた設定(ズーム位置、ホワイトバランス、露出補正など)を2つまでカメラに記憶できます。これにより、再び設定する面倒なく、自分好みの設定ですぐに撮影できます。

多彩なアクセサリーの装着が可能

デジタル一眼カメラ αやハンディカムに採用されている「マルチインターフェースシュー」を搭載。光量の大きな外部フラッシュやクリップオンLCDモニターなどを装着でき、表現の幅がさらに広がります。

よく使う機能をすぐに呼びだせる

「カスタムボタン」に、明るさ、ISO感度、色合い、測光モード、スマイルシャッターの中から好きな機能を登録できます。これにより、使用頻度の高い機能をワンプッシュで呼び出し、快適に撮影できます。

色づくりをサポートする、ホワイトバランスシフト機能搭載

撮影時にホワイトバランスを細かく設定でき、よりイメージ通りの色表現を実現できます。ホワイトバランスの設定は、液晶画面に表示されるシフト量を確認しながら、イメージに合った色合いに調整できます。

撮影画像の水平出しをサポートする、電子水準器

風景撮影などで必要な水平出しを簡単にできる「電子水準器」を搭載。液晶画面上に表示される水平インジケーターを見ながら、正確な水平出しが手軽に行えます。

充実のマニュアル撮影モード

シャッタースピードと絞り値を自動設定する「プログラムオート(P)」をはじめ、「絞り優先(A)」「シャッタースピード優先(S)」「マニュアル露出(M)」など、自分の意図を反映して本格的な撮影を楽しめるマニュアルモードを搭載。さらに、クリエイティブな表現が楽しめる撮影モードや「プレミアムおまかせオート」などのオート撮影機能も充実しています。

ビデオカメラの高画質で撮影できる、フルハイビジョン動画撮影

ハンディカムで培った映像技術を投入したフルハイビジョン動画撮影を実現しました。さらに、「60p(*)」の高精細記録にも対応し、暗いシーンでの画質も大幅に向上しています。

* AVCHD Ver.2.0準拠
※ 動画撮影中の静止画同時記録はできません

フルハイビジョン動画の動きがさらになめらかに

一般的なデジタルカメラのハイビジョン動画(30p)に比べ、コマ数が2倍(60p)。動きの速い被写体も、よりなめらかな映像で美しく撮影できます。

1920×1080/60p動画が撮影できる「PSモード」搭載

プログレッシブ方式のフルハイビジョン(1920×1080/60p)動画記録にも対応。インターレース方式(60i)とは異なり、動画の1フレーム1フレームが1920×1080で記録できるので、スポーツ選手や動物などのすばやい動きも高精細になめらかな映像で残せます。また、フィルム映画のような独特の表現を可能にするフレームレートの24p記録にも対応しています。

動画撮影時のブレにさらに強くなった「動画手ブレ補正(インテリジェントアクティブモード 回転方向対応)」(*)

ハンディカムに搭載されている映像技術を採用。画像処理エンジンBIONZ X(ビオンズ エックス)の高速処理が可能にしたソニー独自のフレーム解析技術により、電子式手ブレ補正がパワーアップ。これまでの垂直・水平・回転方向の光学式手ブレ補正に加え、上下・左右方向の電子式手ブレ補正でブレを強力に補正。動く被写体を追いかけても、より自然でブレのない、なめらかな動画が撮影できます。

* 電子式併用

動画撮影時も高速・高精度なオートフォーカス

静止画撮影時はもちろん、動画撮影時にも「高速オートフォーカス」が可能です。暗いシーンや高倍率ズームでの撮影でも、被写体を瞬時にとらえます。また、動く被写体にピントを合わせ続ける「ロックオンAF」も動画撮影に対応。動く被写体をしっかり追尾し、フォーカスを合わせ続けます。

動く被写体の軌跡を表示できる「モーションショットビデオ」

撮影した動画を液晶画面で再生するとき、「モーションショットビデオ」を選択すると、動いている被写体の残像を表示でき、動きの軌跡を見ることができます。残像の間隔は、任意に設定できます。

※ 動画再生の機能です。モーションショットビデオの保存はできません

写真を楽しみながら、上級者のフレーミングを自動生成する「オートフレーミング」機能

バランスのとれた構図にカメラが自動で切りだしてくれる「オートフレーミング」機能を搭載。1人のポートレートだけでなくツーショットシーンにも対応し、友達との記念写真もより印象的に撮影できます。また、マクロ撮影や動く被写体の撮影にも活用でき、テーブルフォトやペット写真をより魅力的に仕上げられます。切りだされた画像は全画素超解像技術によりオリジナルと同じ解像感を保ちます。また、オリジナル画像も一緒に保存されます。

※ 連写撮影時、重ね合わせ処理設定時、デジタルズーム時、マニュアルフォーカス時は使用できません

自由な写真表現を手軽に楽しめる「マイフォトスタイル」

写真やカメラに詳しい知識がなくても、さまざまな写真表現を楽しめる「マイフォトスタイル」機能を搭載。液晶で被写体を確認しながら、「明るさ(露出補正)」「色合い(ホワイトバランス)」「鮮やかさ(彩度)」を手軽に調節できます。さらに、「ピクチャーエフェクト」の加工も液晶上で再現でき、液晶を見ながら、イメージ通りの写真に仕上げられます。

写真の仕上がりを設定できる「クリエイティブスタイル」

撮影シーンや意図に合わせて、画像の仕上がりを設定できます。「スタンダード」「ビビッド」「ポートレート」「風景」「夕景」「白黒」「セピア」の7種類のモードから選択するだけで、カメラが自動的に最適な画像処理と調整を行います。コントラスト、彩度、シャープネスの微調整も可能。また、静止画だけでなく動画撮影でも、「クリエイティブスタイル」を設定できます。

写真が個性的なアート作品になる「ピクチャーエフェクト」

ユニークな作品づくりを楽しめる「ピクチャーエフェクト」機能を搭載。レトロな雰囲気で撮れる「レトロフォト」をはじめ、「リッチトーンモノクロ」「ソフトフォーカス」「水彩画調」など、全13種類のエフェクトを内蔵しています。パソコンで画像処理しなくても、カメラだけで印象的な作品をつくれます。また、「トイカメラ」「ポップカラー」「ポスタリゼーション」「レトロフォト」「ソフトハイキー」「パートカラー」「ハイコントラストモノクロ」は、動画撮影時にも使用できます。

カメラひとふりでパノラマ写真ができる「スイングパノラマ(顔・動き検出対応)」

カメラをひとふりして、パノラマ写真を撮影できる「スイングパノラマ」を搭載。さらに「360スイングパノラマ」を選べば、周囲に広がる景色を360度撮影することもできます。顔・動き検出にも対応し、パノラマ写真中の被写体が動いても、きれいに補正します。

地図上に撮影位置や、移動した軌跡を表示できる、GPS・ログ機能

屋外での撮影場所の位置情報を記録し、PCソフトウェアPlayMemoriesのマップビュー上に表示できます。さらに、撮影中に移動した軌跡を記録して、マップビュー上に表示することも可能です。

写真や動画をかんたん整理、楽しく活用。PlayMemoriesシリーズ

PCソフトウェアPlayMemories Homeを使えば、写真や動画をカレンダー表示でかんたんに整理・検索・再生。さらに、パソコンに取りこんだ写真の編集やDVD作成なども、便利な機能を使って手軽に楽しめます。クラウドサービスPlayMemories Onlineを利用すれば、アップロードした写真や動画をさまざまな機器で楽しむことが可能。オールシンク機能をオンにすれば、パソコンやスマートフォンそれぞれに保存している写真を自動的にクラウドへアップロード(*)してくれます。また、PlayStation(R)3で写真や動画の管理・共有ができるPlayStation(R)3専用ソフトウェアPlayMemories Studioも用意しています。

* アップロードされる写真は長辺1920ピクセルにリサイズされます

カメラに機能を追加できるPlayMemories Camera Apps

サイバーショットにアプリを追加して、内蔵の機能をバージョンアップしたり、便利で楽しい機能を加えたり、自分のスタイルに合わせてカメラを進化させることができます。アプリはカメラから直接Wi-Fi(R)経由で、もしくはパソコンを使ってダウンロードでき、追加や管理も手軽に行えます。

※ PlayMemories Camera Appsのアプリは一部を除き、順次対応予定です

撮った写真も映像も、大画面で美しく楽しめる「トリルミナス(R)カラー」

「トリルミナス(R)カラー」対応カメラで撮った思い出の写真や映像を「トリルミナス(R)ディスプレイ」対応テレビで再生することで、きらめく南国の海の色合いから真っ赤なバラの花びらの質感まで、さらに豊かで自然な色のまま大画面で楽しめます。

※ 「トリルミナス(R)カラー」および「トリルミナス(R)ディスプレイ」は動画・静止画の広色域の色空間に対応したソニーの製品やサービスの総称。静止画/動画の広色域記録対応、かつHDMI広色域伝送対応機種。広色域色空間は、静止画:sRGB(色域sYCC)Adobe(R) RGB規格、動画:xvYCC規格を指す

4K静止画出力で、さらにハイクオリティーな写真鑑賞を

HDMIマイクロ端子を搭載しているので、HDMIケーブル(別売)でハイビジョン液晶テレビと接続すれば、フルハイビジョン動画をそのままの画質で鑑賞できます。さらに、フルハイビジョン(1,920×1,080画素)の4倍を超える約829万画素の4K(水平3,840×垂直2,160画素)に対応したブラビアとHDMIまたはWi-Fi(R)(*)で接続すれば、美しい写真も解像感を損なうことなく大画面で鑑賞できます。

* Wi-Fi(R)接続対応のテレビのみ

商品スペック

詳細なスペックに関しましてはメーカーサイトにてご確認ください。
http://www.sony.jp/cyber-shot/products/DSC-HX400V/spec.html
  • LINE
  • Twitter
  • Facebook

おすすめ商品

ページトップへ戻る