最大70%オフ!毎日セール開催中! close
LP-S3250_画像0
LP-S3250_画像0

商品バリエーション

  • オフィリオプリンタ LP-S3250PS [A3モノクロページプリンター/35PPM/LP-S3250 PSモデル]
  • オフィリオプリンタ LP-S3250Z [A3モノクロページプリンター/35PPM/増設1段カセット付]
このクラスで35枚/分の印刷スピードを実現。さまざまなオフィスで活躍できるスタンダードモデル。

エプソン オフィリオプリンタ LP-S3250 [A3モノクロページプリンター/35PPM/両面印刷]

¥49,800(税込)

送料無料!

ポイント:498pt

在庫あり※納期目安について

最短で10月26日(月)に出荷致します。

オプションを追加で申し込む

型 番: LP-S3250

発売日: 2014年09月30日

詳 細: メーカーページへ

こちらの商品も一緒にいかがですか?

商品紹介

大量にプリントするオフィスに、スピードと快適さを

高速印刷で、忙しいオフィスをサポート

35枚/分というプリントスピードを実現。さらに、プリンタードライバーやコントローラーなどにエプソン独自の高速テクノロジー搭載し、印刷指令から出力完了までをトータルに高速化。プリント待ちによるストレスを解消し、快適なプリンティング環境を提供します。

LP-S3250シリーズの高速印刷 モノクロ35枚/分

1GBの大容量メモリで、プリント業務をサポート

標準で1GBのメモリを搭載。大量のドキュメント・データを記憶できるので、複数のクライアントPCからの印刷指令が重なることが多いネットワーク環境でも、パソコンを素早く開放。プリント待ちのストレスを軽減します。

大量のプリント業務をストレスなく

標準650枚、最大2,300枚の大容量給紙

給紙容量(4通り)オプションの増設カセットユニットの組み合わせ

ネットワークプリンターに必要不可欠な大容量給紙を実現。標準でも650枚、オプションの給紙ユニットを使えば、最大2,300枚の大量給紙が可能。紙切れによるビジネスのダウンタイムを軽減します。

標準650枚、最大2,300枚の大容量給紙

サイズの異なる複数の用紙を同時にセット

最大4段カセット+MPトレイの5Wayパスで、よく使う用紙サイズを複数種セットしておくことが可能。いちいち用紙を取り換える手間もなく、プリント業務がストレスなく、スマートに行えます。

封筒の印刷も、効率良く

DMなど、不定形紙で内製にも柔軟に対応

封筒のカセット給紙が可能です。封筒を印刷したい時、カバーを開けてレバー調節する必要がないため、封筒印刷の生産性が飛躍的に向上します。

封筒印刷の、精度を高めます

ドライバーの用紙種類設定で封筒を選択時に自動でNIP調整します。従来機のように、封筒を選択した後に、カバーを開けて封筒モードに変換するレバー調整をする必要がありません。

プリントコストを抑える、自動両面印刷

プリントコストを抑える、自動両面印刷

自動両面印刷に対応。用紙の無駄を省き、オフィスの課題であるランニングコストの削減に貢献します。

帳票類の印刷に、水平印刷も可能

帳票類の印刷に、水平印刷も可能

オプションで、フェイスアップトレイを装着可能。水平な紙送りが可能なので、封筒や厚紙などを曲げずに印刷できるので、美しく仕上がります。

A4縦横ソーター

A4縦、A4横の用紙をそれぞれセットすることで、1部ごとに交互に出力することができ、部単位印刷時の丁合作業を効率化します。

(注) ESC/Page ドライバー(Windows®/Mac)
(注) OHPシート、ラベル、特厚紙、超特厚は非対応

賢いオフィスは、コストも環境も考える

低ランニングコストで経済的

エプソンのページプリンターならランニングコストも安いので導入後も経済的にお使いいただけます。

LP-S3250のランニングコスト (A4/1ページあたり) モノクロ約3.8円(税別)(注1)

(注) JIS X 6931(ISO/IEC 19752)に基づき、A4普通紙に片面連続印刷した場合の試算値です。印刷原稿、ドライバーの設定、お客様のご使用条件によりランニングコストは異なります。また、用紙代・消費税は含まれません。
ランニングコストについての詳細はこちら

トータルな省エネ設計、TEC値1.9kWh(注1)

TEC値1.9kwh

プリンターの環境性能は、稼働時の電力消費だけではわかりません。稼働時と待機時も含めたトータルの消費電力量を示す「TEC値」で、1.9kWh(注1)を実現。さらに、ディープスリープ時の消費電力も約0.9Wと優れた省エネ設計で、コストにも環境にも配慮しています。

(注1)LP-S3250Zは2.2kWh

節電のしやすさにも配慮

節電自動設定

曜日別1時間単位の印刷頻度に応じて、その時間帯の節電移行時間を自動で決定します。
前週までの1週間の平均待機時間と曜日別時間帯別平均待機時間との比較で、翌週の曜日別時間帯別節電移行時間を決定します。

節電スケジュール設定

曜日・時間帯に応じて節電スケジュールを設定できます。
曜日別に、最大5つの時間帯を指定して、3つのモード(節電しない / すぐに節電 / 節電自動設定に従う)から選択できます。

節電スケジュール設定

本体前面に節電ソフトスイッチを装備

本体横の電源ハードスイッチとは別に本体前面に節電ソフトスイッチを装備しました。
(注)約0.1Wの電力を消費します。本体横のハードスイッチをオフにすることで、0になります。

本体パネルに節電ボタンを搭載

<本体操作パネル画面>

操作パネルに節電ボタンを搭載し、ワンタッチで節電モードへの移行・節電モードからの復帰が可能。また、節電モード時からの復帰が早く、ストレスなくこまめな節電ができます。

ビジネスドキュメントから図面、写真まで高精細

1200dpiの高解像度で、繊細な細線も精緻に再現

1200dpiの高精細出力により、小さな文字や細かな図面、バーコードなどを鮮明に、シャープに印刷することができます。さらにエプソン独自の解像度補正機能(紙送り方向の解像度を上げるRIT(注1)、階調表現力を高めるPGIにより、600dpi時でも2400dpi相当の精緻な出力も可能。プレゼンテーション資料などの説得力がさらに向上します。

1200dpiの高解像度で、繊細な細線も精緻に再現

(注1)RIT = Resolution Improvement tecnology

ビジネスに必要な高画質品質を

入力画像を規則的なセルで分割し、セル内の階調重心位置に網点を生成するエプソン独自のハードウェア技術「AAM(Advanced Amplitude Modulation)スクリーン」を採用。文字・グラフィック両方に適したスクリーンにより、文字の再現性がアップ、OA用途にぴったりの画質性能を搭載しました。

カラーデータをモノクロでも見やすく処理して出力

カラーデータをモノクロで印刷すると、文字やグラフが見にくくなってしまうことがありますが、「モノクロ視認性向上機能」を使えば、モノクロ印刷の視認性を高めることができます。例えば、黄色などモノクロで出力すると薄く見にくくなってしまう色文字もくっきりと印刷。また、色分けされた棒グラフなどもそれぞれのカラーをパターンに変換することで、はっきりとわかりやすく印刷できます。

対象OS:
Windows® XP/Windows Vista®/Windows® 7/Windows Server® 2003/Windows Server® 2008/Windows Server® 2008 R2のみ。Mac OSは非対応。
対象アプリ:
Microsoft® Word、Excel®、Microsoft® PowerPoint®

色文字の文章

色文字の文章:モノクロ印刷時、「モノクロ視認性向上機能」使用時、「モノクロ視認性向上機能」使用時(強調)の例

色分けされたグラフ

色分けされたグラフ:モノクロ印刷時、「モノクロ視認性向上機能」使用時、「モノクロ視認性向上機能」使用時(強調)の例

プリンタードライバーに「バーコードモード」を搭載

プリンタードライバーに「バーコードモード」を搭載

プリンタードライバーに、高品質なバーコード出力を実現する「バーコードモード」を搭載。GS1-128標準料金代理収納ガイドラインの出力にも対応しています。

(注) トナーの濃度や紙質、あるいはお使いのアプリケーションソフトによっては、印刷されたバーコードが読み取り機で読み取れないことがあります。お使いの読み取り機で認識テストをしてからご利用いただくことをお勧めします。

商品スペック

形式 デスクトップ
プリント方式 レーザー方式(半導体レーザービーム走査+乾式電子写真方式)
解像度 1,200×1,200dpi(スクリーン処理により2,400dpi相当)
自動両面印刷 標準対応
ファーストプリント時間 9秒
CPU Dual Core 600MHz
インターフェイス 1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T、Hi-Speed USB、拡張スロット(オプション)
外形寸法(本体のみ)(幅×奥行×高さ)
 ・使用時 490×577×338(mm)
 ・収納時 490×410×320(mm)
質量(本体のみ、消耗品含む) 約21kg
電源 電圧 AC100V±10%、周波数50/60Hz
無償保証期間 半年間(出張修理)
  • LINE
  • Twitter
  • Facebook
ページトップへ戻る