各社から最新のWi-Fi規格であるWi-Fi 6(11ax)対応機種が登場!Wi-Fi 6 乗り換えのススメ!

無線LANの新規格IEEE802.11axが第6世代と言うことで、
Wi-Fi 6と呼ぶことになりました。(IEEE802.11acはWi-Fi 5、IEEE802.11nはWi-Fi 4)
通信回線や無線規格が高速化するにつれて、
動画やゲームのクオリティ(画質、音質)が格段に上昇し、
それに伴って映像やゲームの遅延が発生しているのではないでしょうか。
ここでは通信速度に潜在的な不満を抱えている方向けに
Wi-Fi 6対応の無線ルーターへ買い替えを推奨いたします。

Wi-Fi 6(IEEE802.11ax)とは

1やはり速い

Wi-Fi 6 は、Wi-Fi 5 の約1.4倍高速化!

最大通信速度(理論値)はWi-Fi6(11ax)で約9.6Gbps、Wi-Fi5(11ac)で約6.9Gbpsと約1.4倍も高速化。8Kや4Kといった高解像度の映像配信が可能になったり、データの送受信にかかる時間が大幅に短縮されます。しかも、5GHz帯と2.4GHz帯の両方が使えるため、電波の状況に応じてつなぎ変えても快適に利用できます。

2同時接続に強い

OFDM 11ac

OFDM 11ac

1通信で1つずつに届く

OFDM 11ax

OFDM 11ax

1通信で複数へ同時に届く

「Wi-Fi 6(11ax)」には、「直交周波数分割多元接続(OFDMA)」という技術が採用されており、多台数の機器が同時にWi-Fiにつながっている状態でも、通信の順番待ちが発生しないので、快適にWi-Fiを利用できます。

※OFDMAを利用するには、受信側の端末もOFDMAに対応している必要があります。

3省エネのテクノロジー

Wi-Fi 6 は、Wi-Fi 5 の約1.4倍高速化!

TWT(Target Wake Time)

「Wi-Fi 6(11ax)」には、スマートフォンなど子機側のバッテリー消費を抑える「TWT(Target Wake Time)」という技術が採用されています。Wi-Fi親機から端末へのデータ通信タイミングを自動で調整し、信号受信待機の必要がない時に子機側の通信機能をスリープ状態へ移行させることで消費電力を抑え、バッテリーを長持ちさせることができます。

※TWTを利用するには、受信側の端末もTWTに対応している必要があります。

こんな人に乗り換えてほしい

スマホは常に最新のフラッグシップモデルを利用している

スマホは常に最新の
フラッグシップモデル
を利用している

iPhone 11、iPhone SE(第2世代)、Xperia 1 II、arrows 5GなどWi-Fi6(11ax)対応スマホを利用している、または購入予定である。

家庭にある無線LANの規格を知らない

家庭にある無線LANの
規格を知らない

回線業者、プロバイダやスマホの通信キャリアから契約の際にレンタル若しくはプレゼントされた無線ルーターを5年以上利用している方は、11ac(Wi-Fi5)でさえ対応していない可能性があります。

テレワークで無線接続する機器が増えた

テレワークで
無線接続する機器が増えた

4人家族でもPC、スマホが同時に使われる状況が発生していませんか。ZoomなどのWEB会議システムを利用したTV会議、オンライン授業に加え、動画配信の視聴など通信環境に負荷がかかっている可能性があります。

ページトップへ戻る