ビジネスでも、プライベートでも使える Windows 10 Pro 搭載パソコン特集

仕事場で活躍している Windows 7 パソコン、、、
Windows 7 の延長サポートが2020年1月14日で終了することはご存知でしょうか。
1月14日以降は、OSに脆弱性や不具合が発見されても修正されません。
そのまま使い続けると脆弱性を悪用するマルウェアやランサムウェアによる情報漏洩の可能性が高くなります。
万が一、被害に遭えば業務の停止、顧客への保証、信頼失墜など被害は甚大に。
2020年1月までは、まだ時間がありそうですが、余裕をもった入替を検討してみてはいかがでしょうか。

【 Windows 7 搭載パソコンをご利用のお客様に重要なお知らせ 】

2020年1月14日、Windows 7 の延長サポート期間が終了致します。

https://www.microsoft.com/ja-jp/business/windows/endofsupport.aspx

  • Windows 10 Pro の機能1

    ビジネス向け
    Windows Update

  • Windows 10 Pro の機能2

    リモート デスクトップ
    (遠隔操作)

  • Windows 10 Pro の機能3

    BitLocker
    (暗号化 / セキュリティ)

  • Windows 10 Pro の機能4

    Hyper-V
    (サーバー仮想化)

  • Windows 10 Pro の機能5

    ビジネス向け
    Windows ストア

  • Windows 10 Pro の機能6

    共有PC構成
    (不特定多数のユーザー操作)

Windows 製品機能比較一覧を開く
Windows 製品機能比較一覧を閉じる

Windows 7 Professional / Windows 10 Home / Windows 10 Pro 機能比較一覧

機能名 内容 Windows 7 Professional Windows 10 Home Windows 10 Pro
Cortana※1 音声認識ができるアシスタント機能で、検索ボックスに質問を入力、または話しかけることで、さまざまな作業をサポートしてくれます。  
Windows Ink※1 ワークスペースでペンを使って付箋にメモをしたり、スケッチしたり、スクリーンショットに描画したりできます。  
タブレット モード マウスやキーボードを使わなくても、タブレットのようにタッチ操作だけで快適に扱えます。  
音声、手描き、タッチ、ジェスチャ※1 感覚的な入力機能を実現します。  
Microsoft Edge セキュリティに重きをおいて開発されたブラウザ。悪意あるコードが Web ページに含まれていても、他のアプリや OS への影響を遮断できます。  
Windows Hello※1 ログイン時に顔認証による生体認証が選択できるため、PC 紛失による個人情報や機密情報漏えいリスクを低減できます。  
トラストブート Windows 8.1 から導入されているマルウェア対策機能の一部。  
Windows デバイス正常性構成証明サービス ユーザーが自分のデバイスから企業のアプリケーションにアクセスして組織のアプリケーションやファイル サーバーにアクセスしデータを操作できるように設定できる認証サービスです。  
Mobile Device Management Phone、iPad、Android、Windows スマートフォンなど、ユーザーのモバイル デバイスをセキュリティで保護して管理するのに役立ちます。  
Windows Information Protection 仕事とプライベートのデータを自動で分離し、不用意な情報漏えいを防止します。    
BitLocker HDD や USB メモリなどを丸ごと暗号化し、PC 盗難や紛失時のデータ漏えいを防止します。    
動的プロビジョニング 組織のポリシーを順守するための共通の Windows 設定、Microsoft Intune などの MDM ソリューションへのデバイス登録、組織機能に必要な追加のアプリをインストールなどを一括で変換してくれます。    
Windows Update for Business アップデートのタイミングやバージョン管理を、自分でコントロールして行うことができます。    
共有 PC 構成 不特定多数のユーザーが 1 台の PC を使用する環境において、制限を与えて、ユーザー情報などを残さないように設定できます。    
Internet Explorer のエンタープライズ モード(EMIE) 旧バージョンの Internet Explorer に対する互換性を向上し、常に最新の環境を確保できます。    
リモート デスクトップ 個人の PC から会社の PC に遠隔操作でアクセスができます。
※クライアントとしてリモートデスクトップに参加することは可能です。
 
クライアント Hyper-V オペレーティング システムやコンピューター システムを Windows 上で仮想マシンとして実行することができます。    
Assigned Access 割り当てられたアクセスはローカル標準ユーザーアカウントに制限をかけて、1 つの Windows アプリにしかアクセスできないように設定できます。    
ドメイン参加 会社のドメインに参加し、共有リソースにアクセスできます。   ○ ※2
Enterprise State Roaming, Azure Active Directory 複数の Windows デバイスの使用環境が統一され、新しいデバイスを構成するために必要な時間が短縮されます。     ○ ※2
Windows Store for Business ビジネス向けのアプリケーションを購入することができる Microsoft Storeです。     ○ ※2
グループポリシー カスタマイズしたスタート画面とタスク バーのレイアウトをドメイン内のユーザーに展開できます。     ○ ※2
Azure Active Directory ドメイン参加とクラウドにホストされたアプリへのシングル サインオン 会社のドメインに参加し、ネットワーク ファイル、サーバー、プリンターに簡単にアクセスできます。     ○ ※2

※1:本機能はデバイスによって使用できない場合があります。 ※2:ドメイン参加後有効です。

ビジネスでもプライベートでも使える Windows 10 Pro !

世界トップレベルのセキュリティ
世界トップレベルのセキュリティ
米国防総省も採用した盤石なセキュリティ機能。サイバー攻撃やマルウェア脅威への対策ソフトも標準で実装!難しい設定をすることなく、会社のデータと個人のデータを分けることができるので、未然に情報漏えいを防げます。
業務効率を高め、生産性を上げる
業務効率を高め、生産性を上げる
挙動の速さ、持ち運びのしやすさ、画面タッチやペン、インク対応、ボイスコマンドで感覚的な操作が可能に。
ビジネスアプリとの親和性がピカイチ
ビジネスアプリとの親和性がピカイチ
ビジネスユーザーの多くが選択するWindows OSだから、メジャーな会計ソフト、業務アプリとの互換性も安心です。
※ご利用のアプリケーションソフトの対応OSは事前にご確認ください。
働き方改革に必須、リモートワークにも最適
働き方改革に必須、リモートワークにも最適
会社外のネットワークに接続しても業務データが安全管理。リモートデスクトップで社外からも会社PCへアクセスが可能!
実はコストメリットが高い
実はコストメリットが高い
後付けのセキュリティソフトなどは要りません。常に最新のWindows環境を使えて、管理もシンプルに。
データを暗号化し外部からの侵入を未然に防止!
データを暗号化し外部からの侵入を未然に防止!
ファイルやフォルダではなくドライブ自体を暗号化。Windows 10 Pro は外部からの侵入、物理的な盗難があっても情報の抜き出し、データの書き込みを許しません。
データにいつでも簡単アクセス!
データにいつでも簡単アクセス!
ネット環境さえあれば、自宅、喫茶店、移動中でも職場のパソコンへアクセスが可能です。Windows 10 Pro なら働く場所は無限大!
個人と企業のデータの切り分けが可能に!
個人と企業のデータの切り分けが可能に!
難しい設定をすることなく、会社のデータと個人のデータを分けることができるので、未然に情報漏えいを防げます。
面倒なセッティングは不要!
面倒なセッティングは不要!
煩雑なセッティングは不要! プリンターやネットワーク、あらゆる設定を一元管理!社員の BYOD ※ にも適応可能。
※ BYOD = Bring Your Own Device、個人で購入した PC の社内持ち込み / 利用のこと
アップデートのタイミング調整が可能!
アップデートのタイミング調整が可能!
顧客からの緊急連絡! でも PC がアップデートを始めて仕事をすぐに取りかかれない…。なんてこともありません。タイミングやバージョン管理をコントロールして業務を円滑に行うことができます。
  • 複数台ご購入のお客様お見積致します!別途お問い合わせください。
  • 法人ご購入のお客様領収書について詳しくはこちら
ページトップへ戻る