最大70%オフ!毎日セール開催中! close
4551R_画像0
4551R_画像1
4551R_画像0
4551R_画像1
2.4GHz帯と5GHz帯の同時使用が可能な2ラジオ搭載無線アクセスポイント(AP)

アライドテレシス 4551R [AT-TQ6702 GEN2 WLANアクセスポイント]

¥54,511(税込)

送料無料!

参考価格:¥74,800

在庫僅か※納期目安について

最短で7月23日(火)に出荷致します。

オプションを追加で申し込む

型 番: 4551R

発売日: 2021年12月28日

詳 細: メーカーページへ

商品紹介

IEEE 802.11ax対応

大容量・高速通信の実現

IEEE 802.11ax規格に対応し、変調方式として1024QAMを利用可能になったことで、さらなる大容量・高速化が可能になりました。無線クライアントの収容台数に応じて、AT-TQ6702 GEN2もしくはAT-TQ6602 GEN2をご利用いただけます。

低遅延の実現

MU-MIMOに対応したことで同時に複数のクライアントにデータの送信を行うことができるようになり、従来規格と比べて低遅延での通信が可能になりました。

無線クライアントの収容数増大

OFDMAに対応し、従来のOFDMと比べて機器の通信の順番待ちが発生しない同時通信を実現しました。これにより低遅延での通信が可能となります。

Vista Managerファミリーによる集中管理

Vista Managerファミリーによる集中管理時には、AWC(Autonomous WaveControl)に対応、管理対象の無線APを周囲の電波状態、チャンネルを考慮し、最適化することで、無線LANの運用コストを低減します。また、設置エリアごとにマップを作成して監視するなどの機能を備えるほか、共通の設定情報をテンプレート化して複数の無線APに適用できるため、導入や運用時の変更にかかる工数を削減できます。

AWC-CB対応

AWC-CB(AWC-チャンネルブランケット)に対応し、ブランケット方式(シングルチャンネル)とセル方式をご利用いただけます。ブランケット方式を利用することで、構築工数の削減、ローミングやスティッキー端末問題の解消を実現し、移動端末に最適な無線環境を提供します。チャンネルブランケットは、2.4G帯と5G帯それぞれ7個、最大14個のブランケットを作成可能です。また、大容量通信にはセル方式を利用することで、ご利用のアプリケーションに最適な無線通信を実現します。また、ATTQ6602 GEN2とAT-TQ6702 GEN2は、AWC-CBを組み合わせることができ、柔軟な無線LAN環境をご提供します。

AWC-SC対応(サポート予定

AWC-SC(AWC-スマートコネクト)に対応。無線AP間を無線で接続することにより、LANケーブル不要で無線LANのエリアを拡張できます。電源を入れるだけでご利用可能となるAWC-SCならば、面倒な設定作業も不要です。さらに冗長性にも優れており、予期せぬ障害発生時にも無線環境を維持することができます。AT-TQ6702 GEN2・AT-TQ6602 GEN2は、AWC-SC環境でのすべてのご利用方法に対応しています。

多彩なコントローラーに対応

最大3,000台の無線AP管理に対応したネットワークマネージメント・ソフトウェアAT-Vista Manager EXや、ネットワークの統合管理に必要な機能をひとまとめにしたアプライアンスボックスAT-VST-APLシリーズ、スイッチやルーターに内蔵されたLANに特化したネットワーク管理に対応したVistaManager miniに対応。ご利用規模や環境に合わせた最適なネットワーク管理を実現することが可能です。

WPA3対応

従来のWPA2よりさらにセキュリティーを向上したWPA3に対応しました。

イーサーネットポートを2ポート搭載

2ポートともにPDポートになっておりPoE給電による受電が可能です。また、マルチギガビットイーサネット(2.5Gbps及び5Gbpsをサポート)をサポートしており、有線ネットワークへの高速通信を提供できます。

LANポートのカスケード接続対応

LANポートを1ポートだけ接続している場合に、もうひとつのポートをPCなど別のデバイス接続用にも利用することが可能です。

リンクアグリゲーション

2つのLANポートはリンクアグリゲーション(スタティックLAG、LACP)によるリンクの冗長化、通信帯域の拡大に対応しており、合計で最大10Gbpsの通信帯域を提供します。

Zero Wait DFS対応

Zero Wait DFSは、変更の候補となるチャンネルを常に確認しておき、DFSにてレーダー波を検知した場合、即座に候補チャンネルへと切り替える機能です。 本機能により5GHzの通信を最大限に利用することができ、無線チャンネルの設計の幅や柔軟性などを広げることが可能です。

AMF アプリケーションプロキシー

AMF SecurityソリューションのAMFアプリケーションプロキシーに対応します。無線APに接続を試みた無線クライアントの接続許可や拒否などのアクション、例えばAMF Securityコントローラーが連携しているファイアウォールが検知した被疑情報をもとに、該当する被疑端末の通信の拒否や指定のURLへリダイレクト、VLAN変更による隔離といったアクションが行えます。これによりネットワーク内での二次感染などを防ぐことができる、よりセキュアな無線環境を提供します。

キャプティブポータル

Webブラウザーを使用して無線LAN利用者の認証を行う機能です。利用者が最初にWebページを開いた場合に、認証ページに直接リダイレクトされ、手軽で簡単に認証を受けることができます。また、広告や案内などを目的として、指定のサイトのみ認証なしで閲覧を許可することもできます。

無線接続用QRコード生成対応

スマートフォン等でスキャン可能なQRコードをGUI画面で生成できます。画面の情報を出力しておくことで、無線の利用者はSSIDやキーを入力する手間がなくなります。より簡単な無線接続環境を提供いただけます。

WDS

1対4のWDS機能をサポート。無線経由で複数AP間のブリッジが可能。ケーブル工事なしに電波が届かない死角を消すことができます。ブリッジはWPA暗号化によりセキュリティーも確保されます。

バーチャルアクセスポイント(VAP)

VAPは、1台の無線APを仮想的な複数の無線APとして動作させる機能です。VAPごとにSSIDとセキュリティーを設定することができます。VAPをVLANと関連付けることにより、上位ネットワークの環境を変更することなく、複数のセグメントに無線LAN環境を提供します。2つのラジオそれぞれで最大16個(推奨は5個以内)のVAPを作成することができます。

バンドステアリング

周囲の電波状況を考慮し、無線クライアントに対して混雑していない帯域への接続を促すことができます。負荷を分散させることで安定した通信環境を提供します。

エアタイムフェアネス

様々な無線クライアントが混在する環境では、各無線クライアントが通信に使用する時間が不公平になる場合があります。エアタイムフェアネス機能によって、VAP間とVAP内の無線クライアントの通信時間を均等に割り当てることができます。

ビームフォーミング

IEEE 802.11ac Wave2以降に対応した送信ビームフォーミングに対応することで、ご利用の端末位置を特定して指向性のある送信電波を出力し、無線クライアントに安定した電波を提供するとともに、他の通信への干渉を抑え、効率的な無線環境を提供します。

ファストローミング対応

IEEE 802.11k/v/rに対応しており、高速でスムーズなローミングを実現します。電波レベルが下がった無線クライアントに対して、他の無線APに接続するよう促します。これによって弱い電波強度における不安定な通信が継続されることを抑止し、より強い安定した電波を使用して通信を行います。

PoE+(IEEE 802.3at準拠)

PoE(Power over Ethernet)規格であるIEEE 802.3atに準拠しています。

商品スペック

適合規格 CE、【EMI規格】VCCI クラスB、【安全規格】UL62368-1,CSA-C22.2 No.62368-1、UL2043、EU RoHS指令、【電波法に基づく技術基準】217-210242、【電気通信事業法に基づく技術基準】D210242217、【相互接続認定】Wi-Fi(WPA パーソナル(WPA-PSK)、WPAエンタープライズ(WPA-EAP)、WPA2パーソナル(WPA2-PSK)、WPA2エンタープライズ(WPA2-EAP)、WPA3パーソナル、WPA3エンタープライズ、WMM)
【無線部】
準拠規格(国際規格) IEEE 802.11a, IEEE 802.11b, IEEE 802.11g, IEEE 802.11n,IEEE 802.11ac, IEEE 802.11axIEEE 802.11k Radio Resource Measurement of Wireless LANs,IEEE 802.11r Fast Basic Service Set Transition,IEEE 802.11v Basic Service Set Transition Management Frames
準拠規格(国内規格) ARIB STD-T66, ARIB STD-T71
周波数帯域 【2.4GHz帯】2400~2483.5MHz、【5GHz帯】5150~5350MHz,5470~5730MHz
変調方式 【IEEE 802.11b】DSSS,CCK、【IEEE 802.11a/g/n/ac】OFDM、【IEEE 802.11ax】OFDM, OFDMA
情報変調方式 【IEEE 802.11b】DBPSK, DQPSK、【IEEE 802.11a/g/n】BPSK, QPSK, 16QAM,64QAM, 256QAM、【IEEE 802.11ac】BPSK, QPSK, 16QAM,64QAM, 256QAM、【IEEE 802.11ax】BPSK, QPSK, 16QAM,64QAM, 256QAM, 1024QAM
アクセス制御方式 CSMA/CA + Ack with RTS/CTS
アンテナ形式 内蔵
アンテナ本数 【2.4GHz/5GHz帯】4本(AT-TQ6702 GEN2、AT-TQ6602 GEN2)、【5GHz帯】4本(AT-TQ6702 GEN2)
ストリーム数 【IEEE 802.11ax(2.4GHz)】4ストリームMIMO(AT-TQ6702 GEN2、AT-TQ6602 GEN2)、【IEEE 802.11ax(5GHz)】8ストリームMIMO(AT-TQ6702 GEN2)、4ストリームMIMO(AT-TQ6602 GEN2)
データ通信速度 【IEEE 802.11b】11/5.5/2/1Mbps自動切替、【IEEE 802.11a/g】54/48/36/24/18/12/9/6Mbps自動切替、【IEEE 802.11n(2.4GHz)】最大800Mbps、【IEEE 802.11n(5GHz)】最大600Mbps、【IEEE 802.11ac(5GHz)】最大3466Mbps(AT-TQ6702 GEN2)/最大 1733Mbps(AT-TQ6602 GEN2)、【IEEE 802.11ax(2.4GHz)】最大1147Mbps、【IEEE 802.11ax(5GHz)】最大4803Mbps(AT-TQ6702 GEN2)/最大 2402Mbps(AT-TQ6602 GEN2)
チャンネル数 【IEEE 802.11b/g】13チャンネル、【IEEE 802.11a】20チャンネル、【IEEE 802.11n(2.4GHz)】13チャンネル、【IEEE 802.11n(5GHz)】20チャンネル、【IEEE 802.11ac】20チャンネル、【IEEE 802.11ax(2.4GHz)】13チャンネル、【IEEE 802.11ax(5GHz)】20チャンネル
重複しないチャンネル数 【IEEE 802.11b】3チャンネル、【IEEE 802.11g】4チャンネル、【IEEE 802.11a】20チャンネル、【IEEE 802.11n(2.4GHz)】20MHz 4チャンネル/40MHz 1チャンネル、【IEEE 802.11n(5GHz)】20MHz 20チャンネル/40MHz 10チャンネル、【IEEE 802.11ac】20MHz 20チャンネル/40MHz 10チャンネル/80MHz 5チャンネル、【IEEE 802.11ax(2.4GHz)】20MHz 4チャンネル/40MHz 1チャンネル、【IEEE 802.11ax(5GHz)】20MHz 20チャンネル/40MHz 10チャンネル/80MHz 5チャンネル
空中線電力 10mW/MHz以下
最大接続台数 1ラジオにつき500台
【セキュリティー機能】
認証方式 オープンシステム認証、共有キー認証、WPAパーソナル(WPAとWPA2、WPA2とWPA3、WPA2のみ、WPA3のみ)、WPAエンタープライズ(WPAとWPA2、またはWPA2のみ、WPA3のみ)、キャプティブポータル(外部RADIUS、クリックスルー、認証ページのリダイレクト、仮想IPアドレス、RADIUSアカウンティング、ウォールドガーデン)
暗号化 【WEP】64/128ビット、【WPA/WPA2】CCMP(AES)とTKIP、またはCCMP(AES)のみ、【WPA3】WPA3パーソナル CCMP(AES)/WPA3エンタープライズ GCMP(AES)
MACアドレスフィルタリング数 2048個(CSVからのインポート対応)
その他 SSID遮蔽(ANY 接続拒否)、無線クライアント間通信禁止
サポート機能 【無線設定】バンドステアリング、VLAN(VAP(2.4GHz/5GHzについてそれぞれ推奨5個以内)/ ダイナミックVLAN)、ファストローミング(IEEE 802.11k/v/r)、電波出力の強度設定、WDS(WPA-PSKによる暗号化)、Eco LED、エアタイムフェアネス、AWC-CB、AWC-SC
管理機能 日本語Web GUIによる設定(HTTP/HTTPS)、設定のバックアップとリストア、ファームウェアの更新、ロギング、統計情報表示、DHCPクライアント、NTPクライアント、チャンネル自動管理、ロードバランス(接続台数制限)、外部RADIUSサーバーによるRADIUSアカウンティング、セカンダリーRADIUSサーバー、AWCによる集中一括管理、SNMP(v1/v2c/v3)
【有線部】
準拠規格 IEEE 802.3u 100BASE-TX、IEEE 802.3ab 1000BASE-T、IEEE 802.3bz 2.5GBASE-T/5GBASE-T、IEEE 802.3x Flow Control、IEEE 802.3at Power over Ethernet+、IEEE 802.1Q VLAN Tagging、IEEE 802.1AX-2008 Link Aggregation(static and dynamic)
データ通信速度 100Mbps/1000Mbps/2.5Gbps/5Gbps
ポート 100/1000/2.5G/5GBASE-T(PoE-IN、RJ-45コネクター)×2、オートネゴシエーション、MDI/MDI-X自動認識
アクセス制御方式 CSMA/CD
使用ケーブル(非PoE) 【100BASE-TX】UTPカテゴリー5以上、【1000BASE-T】UTPエンハンスド・カテゴリー5以上、【2.5GBASE-T】UTPエンハンスド・カテゴリー5以上、【5GBASE-T】UTPエンハンスド・カテゴリー5以上
使用ケーブル(PoE+) 【100BASE-TX】UUTPエンハンスド・カテゴリー5以上、【1000BASE-T】UTPエンハンスド・カテゴリー5以上、【2.5GBASE-T】UTPエンハンスド・カテゴリー5以上、【5GBASE-T】UTPエンハンスド・カテゴリー5以上
設定スイッチ 【リセットボタン】5秒以上の押下で工場出荷時設定に戻し、本製品を再起動、【電源ボタン】ACアダプターの電源オン・オフ
【電源部(ACアダプター使用時)】
定格入力電圧 AC100-240V
入力電圧範囲 AC90-264V
定格周波数 50/60Hz
定格入力電流 0.60A
最大入力電流(実測値) 0.48A
平均消費電力 19W(最大24W)
平均発熱量 68kJ/h(最大87kJ/h)
電源部(PoE受電時) IEEE 802.3at準拠(クラス4)
【環境条件】
動作時温度 0~50℃
動作時湿度 5~90%(結露なきこと)
保管時温度 -25~70℃
保管時湿度 5~95%(結露なきこと)
外形寸法(W×D×H) 200×240×45mm(突起部含まず)
質量 1.2kg(ブラケット含まず)
パッケージ内容 本体、天井・壁設置ブラケットキット(1式)、梱包内容、本製品をお使いの前に、英文製品情報 、製品保証書(5年)、シリアル番号シール(2枚)
  • LINE
  • Twitter
  • Facebook

おすすめ商品

ページトップへ戻る