最大70%オフ!毎日セール開催中! close
WLX222(B)_画像0
WLX222(B)_画像1
WLX222(B)_画像2
WLX222(B)_画像3
WLX222(B)_画像4
WLX222(B)_画像5
WLX222(B)_画像0
WLX222(B)_画像1
WLX222(B)_画像2
WLX222(B)_画像3
WLX222(B)_画像4
WLX222(B)_画像5

商品バリエーション

  • WLX WLX222(W) [Wi-Fi6 無線LANアクセスポイント ホワイト]

ヤマハ WLX WLX222(B) [Wi-Fi6 無線LANアクセスポイント ブラック]

¥46,600(税込)

送料無料!

参考価格:¥64,900

在庫僅か※納期目安について

15時までのご注文で本日中に出荷致します。

オプションを追加で申し込む

型 番: WLX222(B)

発売日: 2022年10月07日

詳 細: メーカーページへ

商品紹介

より多くの端末に、高速で快適なWi-Fiを提供

・Wi-Fi 6と2.5ギガビットポートによる高速化

『WLX222』は、Wi-Fi 6 に対応しており、5GHz帯では1201Mbps(理論値)、2.4GHz帯では574Mbps(理論値)、無線全体で最大1,775Mbps(理論値)のスループットを実現します。従来機種であるWi-Fi 5 製品「WLX212」と比べて約1.8倍(理論値)の高速通信が可能なので、より多くの端末に高速な通信環境を提供できます。また、有線LANは2.5ギガビットポートを搭載しています。例えば、2.5ギガビット対応のスマートL2 PoEスイッチ「SWX2221P-10NT」や、2.5Gギガビット対応のPoEインジェクター「YPS-PoE-AT」とセットで導入することで、1ギガビットを超えるWi-Fi 6 の性能を最大限に発揮します。

・OFDMA方式により多数端末接続時も快適に

『WLX222』は、効率的な帯域活用を可能にするWi-Fi 6 の機能「OFDMA(直交周波数分割多元接続)」により、Wi-Fi 5 と比べて多数端末接続時も快適な通信を提供できます。従来の「OFDM(直交周波数分割多重)」では、1つの通信時間単位内では1台の端末しか通信できませんでしたが、「OFDMA」では、1台で占有していた帯域を分割して各端末に割り当てることにより、順番待ちが発生しにくくなっています。これは、多数端末同時接続時に安定した通信を可能にするとともに、通信の低遅延化も実現しています。また『WLX222』では、最大140台の端末の安定接続が可能で、従来機種であるWi-Fi 5 製品「WLX212」と比べより多くの端末を接続できます。

Wi-Fi 6 へのスムーズな移行が可能

・運用管理と保守作業を容易にする仮想コントローラーを内蔵

『WLX222』は、「WLX212」や「WLX413」と同様に、オンプレミス型の管理「クラスター管理機能」に対応しています。同じレイヤー2のネットワークに接続されている複数台の無線LANアクセスポイントを本体内蔵の「仮想コントローラー」により簡単に一元管理することができます。
新たに無線LANアクセスポイントを追加、交換したい場合は、追加する機器を同じレイヤー2のネットワークに接続するだけで、他のAPと共通の設定が「仮想コントローラー」から自動的に同期され、簡単に無線エリアの拡張や機器交換が行えます。また、無線チャンネルやSSIDなどAP個別に設定したいケースでも、事前に「仮想コントローラー」に設定を入れておくと、AP追加時に自動的に設定が同期されます。この機能により、設定作業と設置作業を別々のタイミングで実施でき、柔軟なネットワーク運用を実現できます。
さらに、「クラスター管理機能」に対応している「WLX212」と「WLX413」は混在して一括管理できるため、Wi-Fi 5からWi-Fi 6への段階的移行作業や、設置環境に合わせた柔軟な無線LAN環境の構築が簡単に実現できます。
※「WLX402」や「WLX313」などの従来機種に搭載されている「無線LANコントローラー機能」との互換性はありません。「クラスター管理機能」で管理可能な機種は『WLX222』と「WLX413」と「WLX212」です。

・PoE(IEEE802.3af準拠)

『WLX222』は、PoE(IEEE802.3af準拠)で動作します。Wi-Fi 5対応のアクセスポイントで主流だったIEEE802.3af対応のPoEスイッチをそのままお使いいただけるため、Wi-Fi 5からの移行作業も、本製品に置き換えるだけでスムーズに移行できます。

・WLX212と共通のマウントパネル

『WLX222』は、天井や壁かけ設置のためのマウントパネルを同梱しています。このマウントパネルは「WLX212」と共通部品であるため「WLX212」から置き換える場合は既設のマウントパネルを交換する必要なくそのままご使用いただけます。

「シンプルな無線LAN管理」を継承

『WLX222』は、WLXシリーズで培ってきた多くの好評な機能を継承し、「シンプルな無線LAN管理」を実現します。

・トラブルを未然に防ぐ「Radio Optimization機能」を搭載

『WLX222』は、無線環境を学習し最適化することでトラブルを未然に防ぐ「Radio Optimization機能(以下、RO機能)」(特許出願済み)を搭載しています。
RO機能は、無線LANアクセスポイント本体が周辺の無線環境をモニタリングしながら、ネットワーク管理者が想定する無線LANの利用イメージに近づくように、設定を無線環境に合わせて動的に変更し最適化する機能です。設定の最適化においては、メーカーがこれまでのお客様サポート業務で蓄積したトラブルシュートノウハウを判断基準の一部として利用しています。
近年、業務における無線LAN環境の拡大とともに、「通信が途切れる」や「通信が遅い」などのトラブルも増加しています。従来、このようなトラブルを解消するためには、高度な専門知識を持つネットワークエンジニアが必要とされ、対応にも多くの時間を費やしていました。RO機能を使用すれば、トラブルを未然に防ぎながら、高品質な無線LAN環境を構築・保持することが可能です。また、トラブル解消時に高度な専門知識を必要としないため、無線LANの運用管理にかかる人的・時間的コストの削減にもつながります。

・YNO(Yamaha Network Organizer)で統合管理を実現

『WLX222』は、クラウド型管理サービス「YNO」に対応し、ネットワーク上にある『WLX222』と「WLX413」と「WLX212」の設定や監視、ファームウェアアップグレード、接続端末の監視など、遠隔からの一括管理を実現しています。最大1年間無料で使える「YNO」のライセンスが付属しているので、誰もが「YNO」を利用可能です*。
※ YNOライセンスを購入すると、2年目以降も「YNO」を継続して利用できます。また、初年度より複数年度のライセンス購入も可能です。「YNO」で管理する無線LANアクセスポイントは、1台につき1ライセンスが必要です。

・障害解析に役立つ無線LANの「見える化」機能を搭載

『WLX222』は、クラウドとオンプレミスの両方で「無線LAN見える化ツール」が利用可能です。 「見える化」機能では周辺の無線LANアクセスポイントの無線状態や接続端末の情報などをグラフィカルに表示します。また、検出した値をヤマハが独自に策定した基準で評価し、その結果を分かりやすく色別に表示します。これにより、常に変化する無線LANの状態を視覚的に把握することができます。
さらに「見える化」機能には、検出した値が一定値を越えるとその時の無線LANの状態を自動保存するスナップショット機能があるため、”通信が遅い”、”つながらない”といった障害発生時の状態を後日確認することができ、これまで難しかった無線LANのトラブルシューティングにも役立ちます。

・内蔵RAIDUSサーバーを搭載

『WLX222』は、RADIUSサーバーを搭載し、最大1000件の端末をWPA/WPA2/WPA3エンタープライズ認証*が可能です。加えて認証局も搭載し、EAP-TLS認証で使用する証明書を発行することで、本機単体で高度なセキュリティーシステムを構成します。また無線端末の認証だけでなく、ヤマハの各種スイッチのポート認証にも対応しています。
※ EAP-PEAP(MSCHAPv2)、EAP-TLS、MACアドレス/接続SSID制限対応
※ YNOを使用している場合、EAP-TLSはご利用になれません。
※ 外部RADIUSサーバーにも対応し、IEEE 802.1Xで定義される各種のEAP認証方式が利用可能です。

・さまざまな設置環境に対応

『WLX222』は動作環境50℃に対応しており、50℃高温動作時も通信速度等の性能が低下しません。学校や店舗、工場などの高温になりやすい場所でもフル性能でお使いいただけます。また、付属のマウントパネルは、壁や天井への設置だけでなく、スタンド(同梱)を取付ければ卓上にも置くことができます。内蔵アンテナの指向性あり/なしを選択することで、電波を飛ばす方向を切り替え可能です。さらに、白と黒の2種類の本体カラーを用意し、さまざまな環境で設置することができます。

LAN、WANのギガ越えの第一歩をALLヤマハで実現

ヤマハは、初めてのWi-Fi 6の導入に最適な『WLX222』以外にも、これらの通信をボトルネックなく上位に転送するPoEスイッチ「SWX2221P-10NT」やPoEインジェクター「YPS-PoE-AT」、LAN側とWAN側両方のギガ越えを実現する10ギガアクセスVPNルーター「RTX1300」など、LAN、WANのギガ越えの第一歩に最適なラインアップが揃っています。またこれらの製品を組み合わせることで、「LANマップ機能」を用いたネットワーク機器の統合管理や、『WLX222』の内蔵RADIUSサーバーとの連携、「LLDP自動設定機能」を用いた設定・管理の省力化などを実現でき、運用管理の省力化を実現します。
10ギガアクセスVPNルーター「RTX1300」は、ヤマハルーターとして初めて10ギガビット対応ポートを2個搭載し、LAN側およびWAN側両方の高速化を実現します。また、「LANマップ」機能を搭載し、LAN内のネットワーク構成を分かりやすく表示することで、ネットワーク管理者の管理、運用の負担を軽減します。スマートL2 PoEスイッチ「SWX2221P-10NT」は、2.5ギガビットに対応したPoEポートを8個搭載しているため、最大8台の『WLX222』をフル性能でお使いいただけます。さらに、アップリンクポートとして10ギガビット対応のポートを利用することで、複数の2.5ギガビット通信をボトルネックなく上位のネットワーク機器へ転送します。また、IEEE802.1X認証に対応した「SWX2221P-10NT」は、強固なネットワークセキュリティーを実現するだけでなく、「LLDP自動設定機能」を使用することで、RADIUSサーバーと認証局を内蔵している『WLX222』と接続するだけでRADIUSサーバー情報を自動的に登録することができ、複雑なセキュリティー設定を簡単に行えます。IEEE 802.3at/afに準拠したPoEインジェクター「YPS-PoE-AT」は、2.5ギガビットに対応し、『WLX222』をフル性能でお使いいただけます。そのため、『WLX222』を1台だけ導入するシーンに最適です。

<ソリューション>小規模ネットワークの高速化

商品スペック

対応プロトコル SNMP(v1/v2c/v3)
無線LAN規格(802.11n) 2.4GHz帯 IEEE 802.11b、g、n、ax  5GHz帯 IEEE 802.11a、n、ac、ax
インターフェース LANポート×1、コンソールポート(RJ-45)×1
LANポートタイプ LANポート×1(100BASE-TX/1000BASE-T/2.5GBASE-T)
無線同時接続可能ノード数 140
通信速度 2.4GHz帯 最大伝送速度574Mbit/s 、5GHz帯 最大伝送速度1,201Mbit/s
セキュリティ機能 AP間プライバシーセパレーター、Any接続拒否、MACアドレスフィルタリング(1VAPあたり最大256件)、パスワード設定、接続台数制限、送信出力調整機能、ステルスSSID、MAC認証機能、WPS
付属品 はじめにお読みください(保証書含)、マウントパネル、スタンド(ネジ1本含む)
備考 クラウド型管理サービス「YNO」の1年間無料ライセンス付属、次年度以降は有償での更新となります。
最大消費電力 10.8W
本体サイズ(H) 52mm
本体サイズ(W) 190mm
本体サイズ(D) 190mm
本体重量 880g
  • LINE
  • Twitter
  • Facebook

おすすめ商品

ページトップへ戻る